LINEで送る
Pocket

My Hair is Badの「卒業」の歌詞について考えてみたい。

スポンサーリンク

作詞:椎木知仁
作曲:椎木知仁

渋谷駅前は今日もうるさい
なかなか二人になれない
たまには手を繋ぎたい
そんなに素直になれない
帰りの電車はギュッと混みあい
降りる扉は反対
その瞬間ふと目と目が合い
二人、手繋いでいたんだ

してあげられること、いくつもない
しいてあげるなら腕枕くらい
無理に背伸び、格好つけたって
あんまり気付いてくれない
そんな君には悪気がない
でも僕にはまるで余裕がない
僕をわかってくれない
君をわかってあげたい

川沿いの街、終電車たち
田園都市、矢印は緑
僕は君のなんだった
冬になればもう一年だね
愛したって愛されたって身勝手だって思った
僕はわかんなかった

さよならは言わないで
僕ら、友達に戻ろう

別れてやっと気付いたの
ねえなんでこんなに寂しいの
変えてしまった爪の色
私、真っ赤に戻したの
おはよう、おやすみ、って誰に言うの
あいつの愚痴もすぐ聞いてほしい
また美味しいお店見つけたの
やだ、独り言みたいだ

乾いたランジェリー
思わず笑ったバラエティ
部屋には、私、一人きり
冬になるとまた思い出すね
なんて言うか、悲しかった時のことですらも
忘れたくないって思うの

ありがとうって言わないで
私たち、恋人に戻ろう

君より可愛くていい子
俺よりずっと優しい人
そんなのいくらでもいるよ
君の心が嫌だった
俺は心が痛かった
でも
君が好きだった

一万回間違ったって
恋や愛をやめられないさ
さよならだけを伝えるつもりがありがとうと言う
僕にとって 君にとって じゃなく 二人にとって
子供のままじゃダメだ でも 大人ってなんだ

渋谷駅前は今日もうるさい
なかなか一人になれない街角で人が抱き合い
東京はもう春みたい
帰りの電車はすぐ座れた
いつもの駅とは反対
恋人でも 友でもない
二人からの卒業

以上である。

スポンサーリンク

簡単に言えば、そろそろ一般的に「大人」と言われる年齢になろうとしている男女の恋物語。

ずるずると付き合うわけにはいかないけれど、でも、お互いがお互いのことを考えてしまって、なかなか前に進めなくて、そんな甘酢っぽくも生々しい葛藤を描いた歌詞になっている。

一番では彼氏目線から、2番では彼女目線から、最初的にはお互いの気持ちの総意という構成となっているこの歌。

彼氏は友達に戻りたいといい、彼女はヨリを戻したいというわけだが、二人が出した結論は、恋人でも友達でもなく、二人がそれぞれの道を歩むという、まるで映画「バタフライ・エフェクト」のようなエンディングである(あ、これネタバレではなかろうか)

あまりにも切ない終わりである。

「俺の髪は傷んでる」ってバンド名のくせに、なんて切ない歌詞を書くんだ椎名という男は。

正直、最初はback nuberとクリープハイプのイメージ力を下位互換にしただけのバンドが現れただけだと思ってたんだけど、今回のアルバム「woman’s」聴いて実感したわ。

こいつらの感性や描いているものは本物である、と。

全然関係ないけど、電車というものでお互いの心を距離を描くのは新海誠監督(「君の名は」の監督)にも通じるやり方で、こういうギミックの使い方も含めて、今の空気を上手く取り込んでいるのかもと思ったり思わなかったり。(ってかくと、電車なんてよくあるメタファーじゃねーかってつっこまれそうですが)

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket