LINEで送る
Pocket

スピッツの歌詞の考察。

 

スポンサーリンク

今日は「愛のことば」をみてみようと思う。

巷では反戦歌といわれたこの歌。

そうなのかもしれないし、そうではないかもしれない。

まあ、考えてみましょう。

まずは最初のフレーズ。

限りある未来を搾り取る日々から
脱け出そうと誘った 君の目に映る海

未来は限りあるものだし、生きている限りは未来は少しずつ減っていく。

それを搾り取るという表現をしたところでそこまでおかしいものではないと思う。

ただ、そこから抜け出すということはどういうことなのだろうか。

やはり、未来を搾り取る世界から抜け出すということは争い(戦争)からの逃げようという意味合いに聞こえる。

君の目に映るのが海というのも象徴で、草野の歌詞において海というのは生命の象徴として登場することが多い。

瞳の中に生命の象徴が宿るのだから「生きたい」という意思を強く訴えるようなフレーズなのかもしれない。

それを差し引いても君は海の向こう側の世界に憧れていることがわかる。

さて、フレーズをみてみよう。

くだらない話で安らげる僕らは
その愚かさこそが 何よりも宝もの

くだらない話がどういうものなのかはわからないが、ここで「笑える」とか「盛り上がれる」ではなく、「安らげる」という動詞を使う辺り、実に巧妙である。

つまり、くだらない話をしていないときは緊張状態にあるというわけだ。

やはり、死の危険が迫る場所にふたりがいる可能性が高くなってくる。

人を殺めなければ生きてはいけない場所なのだとしたら、くだらない話で安らぐなんて愚かでしない。

でも、そんな人として当たり前の気持ちのことを宝物といっているのだ。

それこそロボットのように感情を失ってしまつまてはダメだと言わんばかりに。

次のフレーズをみてみよう。

昔あった国の映画で一度観たような道を行く
なまぬるい風に吹かれて

昔あった国とは間違いなく「ソ連」のことだろう。

ソ連の映画で有名なものはたくさんあるが、これだけではどの映画なのか絞り込むことはできないのでスルー。

ただ、なまぬるい風に包まれながら煙の中で溶け合うのだから、この二人の間に爆弾が落とされてしまったようなイメージが沸き起こってしまう。

サビのフレーズである。

今 煙の中で溶け合いながら探しつづける 愛のことば
傷つくこともなめあうことも包みこまれる 愛のことば

爆弾が落とされて溶け合う中でも愛のことばを探し続けているのだろうか。

 

スポンサーリンク

 

2番の歌詞をみてみよう。

優しい空の色いつも通り彼らの
青い血に染まったなんとなく薄い空

日本では戦争は起こっていない、とりあえず。

でも、同じ空のずっと向こうでは戦争が起きている。

優しい空の色に見えるが、地球のどこかでは人が死んでいて、そんな国の空を青い血に染まった空と形容しているのだろうか。

焦げくさい街の光がペットボトルで砕け散る
違う命が揺れている

このフレーズはなんとなく中東地域で戦争がまだ続いているあの街を想起させる。

一番の歌の主人公は愛のことばを考えながら爆弾の中で死に絶えた。

そことは違う場所で、他の人の命が潰えている。

そんなイメージだろうか。

今 煙の中で溶け合いながら 探しつづける愛のことば
もうこれ以上進めなくても探しつづける愛のことば

スピッツのサビは一番も2番も同じフレーズであることが多いが、その意味合いが大きく変わることが多い。

これ以上進めないとは、死んでしまうことそのものを指しているのだろう。

それでも愛のことばを探し続けようというのだ。

おそらくは平和を願っている民衆たちが爆弾で吹っ飛ばされるときもこんなことを考えているのでは…と草野が想像しているフレーズなのではないだろうか。

だから、この歌の終わりで繰り返されるフレーズは愛のことばではなく、溶け合いながら…という言葉なのである。

たぶん。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket