LINEで送る
Pocket

スピッツの「メモリーズ・カスタム」の歌詞について書いてみたい。

スポンサーリンク

作詞:草野 正宗

歌詞

肝心時に役にも立たない ヒマつぶしのストーリー
簡単で凄い 効果は絶大 マッチ一本の灯り

不自然なくらいに幼稚で切ない 嘘半分のメモリーズ
ひっぱり出したら いつもカビ臭い 大丈夫かな? メモリーズ

※見えそうなとこでハラハラ あなたのために蝶になって
右手に小銭ジャラジャラ あなたのために蝶になって
気の向くままにフラフラ あなたのために蝶になって
飛んでゆけたなら…※

安定できない 解放できない 生真面目な祈り
圧倒されたい 束縛されたい 飾りのないエナジー

不自然なくらいに幼稚で切ない 嘘半分のメモリーズ
ひっぱり出したら いつもカビ臭い 大丈夫かな? メモリーズ

(※くり返し)

嵐が過ぎて 知ってしまった 追いかけた物の正体
もう一度 忘れてしまおう ちょっと無理しても

明日を描いて 幾つも描いて

(※くり返し)

スポンサーリンク

メモリーズの意味

メモリーズとは「思い出」という意味の言葉である。

なので、この歌は「思い出」について語られるわけだ。

で、この歌は最初「メモリーズ」という名前でリリースされていて、アルバム「隼」に収録されるタイミングで、このアルバムのプロデューサーである石田小吉さんがCメロ追加したのが「メモリーズ・カスタム」なのである。

つまり、「嵐が過ぎて 知ってしまった 追いかけた物の正体 もう一度 忘れてしまおう ちょっと無理しても明日を描いて 幾つも描いて」が追記された歌詞ということになる。

そして、この歌詞がすごく意味に満ちたフレーズになっている。

(メモリーズは)忘れてしまうべきで、ちょっと無理をしても明日を描くべきだ、と言い切ってしまうこのフレーズ。

要は、過去にずっと目を向けても仕方がないから、幾つも可能性がある未来に目を向けようよ、というのがこのフレーズの対訳となるわけだ。

タイトルになっている「メモリーズ」そのものを否定しちゃう凄い歌詞なのである。

普通、タイトルの言葉は肯定的に描かれるはずだが、この歌はタイトルの否定が結末となる。

そもそも、この歌は最初から「メモリーズ」=思い出について、肯定的な言葉を述べることはしない。

最初のAメロだけでも、メモリーズのことは、肝心時に役にも立たないし、ヒマつぶしのストーリーだし、幼稚で切ないし、いつもカビ臭いとまで言ってしまう。

要は過去の記憶なんて簡単に改変されるし、明日のための挑戦的な動きを束縛させる=人に恐怖を与えるクソなものになりがちだと言っているわけだ。

記憶なんてカビ臭くなるほどすぐに「古いもの」になってしまうのだから、僕たちは脳みそをカビ臭くならないようにするため、いつも明日に胸を踊らせようよ、というメッセージも込められているように感じる。

再びCメロに話を移すが、ここでは、嵐が過ぎる=気持ちが高ぶって冷静な判断ができていなかった時代が終わり、自分が何を追いかけようとしていたかに気づくわけだ。

それは恋愛を指しているのかもしれないし、夢を追いかけていることを指しているのかもしれない。

それ自体は明確ではないけれども、結論として、過去の思い出が足を引っ張って、挑戦できないでいるなら、そんな過去なんて忘れてしまって、真っ白な気持ちで挑戦するべきだ、というわけである。

この歌は歌詞が意味不明と言われがちだが、個人的にははっきりとしたメッセージを述べているように感じる。

とはいえ、ややこしいと言われている所以はサビの歌詞のせいだと思う。

蝶ってなんやねん……で、蝶やのになんで小銭やねん……となるのだと思う。

なので、ここの部分だけ少し細かくみていきたい。

サビの歌詞について

サビの「あなたのために蝶になって飛んでゆけたなら…」というのは、述語の関係からみて、蝶=この歌の主人公だと考えられる。

ということは、僕自身が蝶になってあなたのもとに飛んでいけたらいいのに、と望んでいることがわかる。

なぜ蝶になりたいと考えるのかと言えば、簡単に会うことができないからだと思われる。

現実は「見えそうなとこでハラハラ」と漂うことも、「右手に小銭ジャラジャラ」させながら軽いノリで会いにいくことも、「気の向くままにフラフラ」と接近することもできないわけだ。

僕とあなたの関係が単なる恋人ならば、こんなことを望む必要はないだろう。

では、あなたって誰なのか?

もし、この歌にCメロのない「メモリーズ」の状態ならまた解釈は変わってくるが、Cメロのある「メモリーズ・カスタム」としてこの歌詞を読んでみると、あなたの捉え方も変わってくる。

Cメロの歌詞は相当にメッセージ性の強いものだと感じたし、かなり草野正宗の言葉感が強く出ているように感じる。

なので、この歌は正宗からリスナーに向けた言葉であり、主人公=マサムネ、あなた=リスナーと捉えてしまってはどうだろうか?と思うのだ。

マサムネが、リスナー一人一人に会いにいくことなんて当然ながらできない。

「見えそうなとこでハラハラ」しながらリスナーのことを監視することも、コンビニに行くようなノリで「右手に小銭ジャラジャラ」させながら会いに行くことも、「気の向くままにフラフラ」とお喋りに行くこともできない。

けれど、会えないからこそ、こうやって歌にメッセージを託し、リスナーに言葉を届けたい。

そういう思いが込められているのではないか?なんて思ったりするのだ。

「醒めない」を経て、まさしくスピッツこそが「メモリーズ」に縛られず、明日を描こうとしている身だからこそ、この歌の意味は更新されているし、「刺さる歌」に変化したのではないかと思ったりする次第である。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket