LINEで送る
Pocket

サカナクションが映画「バグマン」のために書き下ろしたシングル「新宝島」の歌詞について書こうと思う。

スポンサーリンク

この歌の歌詞の特徴は山口一郎にしては珍しく夜というモチーフを一切使っていない点である。

というのも、山口はこの楽曲の歌詞を書くために、普段は一切読まないという漫画を読み込んで書いたという話なのだ。

バグマンは週刊少年ジャンプで連載していた漫画であり、あらすじを端的にいうならば、漫画家を目指す漫画家のタマゴの話である。

夜の要素はあまり関係ない。

山口一郎はその漫画を最初から最後まで読んだ上で作詞をしたので、この歌詞に夜は登場しないわけだ。

それを踏まえた上で、歌詞をみていこう。

作詞:Ichiro Yamaguchi
作曲:Ichiro Yamaguchi

次と その次と その次と線を引き続けた
次の目的地を描くんだ
宝島

線というモチーフは漫画から引っ張られていることがわかる。

漫画を描くというモチーフを使いながら、映画のテーマである「夢を目指す」ことを表現していくわけだ。

だから、線を引き続けたというのは漫画を描く行為の言い換えにもできるし、夢を目指すための最中の努力とも言えるわけだ。

ちなみに、新宝島という言葉自体は漫画界のレジュンドといっても過言ではない手塚治虫の作品のタイトルから引用している。

あえて、夢という言葉は使わず(もちろん、メロディに合わないからというのはあるだろうが)、新宝島という言葉を使ったのは、理由がある。

作品を作るのには理由がある。

それは過去のレジュンドでは成し遂げなかった「もっとすごい作品」を自分は創れると信じており、それを超えるものを作ってやるという欲望なのだ。

だから、表現者はひたすらモノを作り続けるわけだ。

そうじゃなかったら作品を作るなんてモチベーションは最後まで持続しないはずだ。

で、そういう情熱も込めて夢というモノを表現したく考えた時、新宝島という言葉がハマったのではなかろうかと思うわけだ。

まあ、夢という言葉より宝島という言葉の方がなんか漫画家の夢っぽいやん!という理由だけで使うようにしたのかもしれないが。

さて、サビのフレーズをみてみよう。

このまま君を連れて行くと
丁寧に描くと
揺れたり震えたりした線で
丁寧に描く
と決めていたよ

サビも引き続き「描く」というモチーフを続けている。

歌詞の意味は、端的に説明すると「君と一緒に夢に向かって突き進んでいくよ」というそんな意味合いとなる。

スポンサーリンク

それでは2番の歌詞をみてみよう。

次も その次も その次もまだ目的地じゃない
夢の景色を探すんだ
宝島

作品を作るという作業はあれでもないこれでもないと模索し続ける作業なわけである。

一郎氏は作詞に時間かけるアーティストであるが、たったひとつの単語を探すためにあれでもないこれでもないと頭を悩ませるわけだ。

そんな営みを端的に言い表したフレーズ。

もちろん、これは作品を作る行為そのものだけでなく、夢を目指す過程の中で、ただ単に漫画家になりたいわけじゃなく、俺はこういう漫画家でありたいんだ!みたいな夢の道中の苦悩も表現したフレーズである。

こんな短いフレーズに色んなエッセンスを詰めているのだから、大したものである。

サビをみてみよう。

このまま君を連れて行くと
丁寧に歌うと
揺れたり震えたりしたって
丁寧に歌う
と決めてたけど

ここだけ「描く」ではなく、「歌う」のモチーフに変わる。

歌詞全体をみても、ここだけは
漫画家路線から外れていて、異端になっているわけだが、これは一体どういうことだろうか。

それは最後のフレーズに繋がるので、ひとまず置いておこう。

最後のサビのフレーズをみてみよう。

このまま君を連れて行くよ
丁寧に描くよ
揺れたり震えたりしたって
丁寧に歌うよ

それでも君を連れて行くよ
揺れたり震えたりした線で
描くよ
君の歌を

この歌詞は漫画家のことをモチーフにして書かれており、そんな歌詞の歌を俺は歌う、と最後、山口は告白するわけである。

描くよ君の歌を、というのは聴き手に対して向けられた言葉であり、急にメタな発言にこの歌を引き寄せるのである。

そう。

この歌は単にドラマ主題歌なのではなく、ドラマ主題歌もひとつのエッセンスにして、そういう要素も取り入れたファンである君に聞いてほしい僕たちの新曲なんだよ、とここでしっかり表明しているのである。

当然ながらサカナクションは漫画家ではなく、バンドである。

曲を作る上で最初は書く作業から始めるわけだが、最後は君に歌うことで完成するわけだ。

そうなのだ。

これはあくまでもサカナクションの歌なのだ。

単にドラマ主題歌ありきの歌ではなく、ずっと先の未来になっても「サカナクションの歌」であるためにも、最後は歌うことで終わる必要があったわけなのだ。

近い未来で言えば、アルバムに収録することも見据えて。

山口一郎はタイアップもあくまでもサカナクションのステップとしてしっかり見据えたからこそ、歌うことのイメージを残したのである。

サカナクションは音楽業界の手塚治虫になるべく、新たな一歩を踏み出したわけである。

たぶん。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket