LINEで送る
Pocket

indigo la Endの「想いきり」の歌詞について書いてみたい。

スポンサーリンク

作詞:川谷絵音
作曲:川谷絵音

歌詞

「私が何人目なの?」
笑わない目で見てるのを
流そうとしたけど結局ため息
嫌な部分の方がさ
口をついてたくさん出る
でもそれだけ愛したい部分が増えるよ

切ない感情がほら
増えれば増えるほど
愛しくなってく
しょうがないんだ
好きな部分は少し
他は嫌いな方がさ
君のこと想いきれる気がした

毎分こぼれ落ちるの
慣れた頃に拾い上げた
それも次の瞬間には
まあいいや
×が△になっても
◯にならないのが常で
たまに◯になると更に愛しい

切ない感情がほら
増えれば増えるほど
愛しくなってく
しょうがないんだ
好きな部分は少し
他は嫌いな方がさ
君のこと想いきれる気がした

等価交換なんて
火遊びの延長でしょ
許す愛し方
知らないんでしょ

切ない感情がほら
増えれば増えるほど
愛しくなってく
しょうがないんだ
好きな部分は少し
他は嫌いな方がさ
君のこと想いきれる気がした

スポンサーリンク

「想いきり」というより「想い、切り」な感

歌詞を見てもらったらわかる。

別に絵音の今までの色恋沙汰とかを考慮せずとも、純粋に、この歌の主人公は間違いなく「チャラい」ことがわかる。

「私が何人目なの?」と相手に思われるということは、相手が相当なメンヘラであることを差し引いても、その男がチャラいからだと思われる。

また、「許す愛し方」というフレーズが出てくるが、この「許す」って、何が想定できるだろうか?

色んな想定できるだらうけど、最終的には浮気、仮に浮気まではいかなくても、女遊びを許してほしい、という未来に行き着くのではないかと思うわけだ。

いや、まあこの歌詞はパートナーの嫌い部分に対する受け止め方の話だから、嫌いな部分も許して愛してしまおう、ってことが言いたいのはわかる。

でも、それだって結局のところ、浮気に繋がると思うのだ。

この主人公(男)が彼女に対して嫌なのは、おそらく優しさを見せても「こういうことを他の女にもしてきたんでしょ?」とわざわざ噛み付いてきたりする「ウザさ」だと思うのだ。

一方、この女がこの主人公(男)に対して嫌に思うのは、きっとそういうことを重く受け止めない軽さだと思うし、その軽さは最終的に浮気とか女遊びに話が繋がる。

つまり、この男が女に対して「許す愛し方も覚えてね」ということは、結局のところは、浮気をしても許してね、に話が移行してしまうのである、やがては。

で、こんな重たい女が浮気を許すなんてありえないと思われるので、この歌で語られる「想い」が育んだ縁は近い将来にきっと「切られる」はずで、そう考えると、この歌は「想いきり」というより、「想い、切り」な歌なのではないかと思ってしまうのである。

「想いきり」というより「思いっきり」な感

恋愛に対してあれほどのスキャンダラスな出来事があったにも関わらず、また、自分の歌にその渦中の相手のことを歌った歌があると告白したにもかかわらず、なお自分のチャラさを告白するような歌を書けてしまうところをみると、この歌は「想いきり」というより「思いっきり(のある歌)だなあ」と思ってしまうのである。

また、この歌に限って言えば、インディゴの王道路線という感じのアレンジ・音づくりで、サビの持っていき方、音のハネ方にも、そういう感覚を覚える。

この曲をアルバムTOPに持ってきたところをみても、ツアーなんかでも、この歌がセトリの中心に据えるような歌にするのではないかという気がするのだ。

つまり、この歌が屋台骨となるわけだ。

こういう歌を屋台骨にするあたりも、絵音は「思いっきり」があるなあ、なんて思ってしまうわけである。

スポンサーリンク

「想いきり」というより「重いキリ」な感

先ほどもチラリと述べたが、この歌に出てくる女、絶対に重たいと思うのだ。

過去の彼女はどうだったのか?みたいな話をする女が重くないわけがない。

彼氏が妙に女扱いになれていると、今までも同じようにしてたくさんの女を扱ってきたのだろうか、と不安に思う気持ちはわかるが、それにしてもそれを口に出すのは流石に重いと思う。

それなら女性経験ない男性と付き合えよと思うが、そういう女に限って童貞なんていないものとして扱うのである。

ワガママな話である(どうでもいい)。

まあ、男だってまんざらではないことはわかる。

恋愛経験豊富な男ほど、自分の思い通りにならない女に惹かれたりするものなのである。

ところで、この歌、メロディーの高低差があまりない。

サビもほとんど音の上がり下がりがない。

つまり、男の感情の起伏のなさと、実はリンクしているのである。

女が何をしても少し冷めていて、ため息をつくことはあっても怒ることはしない性格と、メロディーはリンクしているわけだ。

ある意味、この男の達観してる感じが、メロディーにも現れているというわけだ。

そんな中、一回だけメロディーが大きく上がる部分がある。

それは最後のサビが終わって、アウトローに入ってしばらくしてからの話。

曲が終わる直前の話である。

最後、楽器がじゃら〜んと音を鳴らして歌を締めるわけだが、キーボードだけがうょーんと音を伸ばして、そのまま不意に音を上げるのである。

ギターと同じようにじゃらーんのコードの音を維持してそのまま終えてもいいのに、キーボードだけはなぜかそれに反発して音を上げるのである。

このメロディーが男の感情とリンクしていると考えると、「終わりになって感情が不意に乱れて激昂する未来」が起こる予感が生まれるわけだ。

言ってしまえば、今は男の人の感情に起伏が少ないからこのカップルはなんとか安定しているが、最終的には男の人の感情が爆発してしまい、ケンカをしてしまい、そして、この恋愛は終わるのである。

そこまでを予感させているのだ、最後のキーボードのうみょ〜んは。

そういう意味で、この歌は重いキリ(=終わり)を迎える歌であり、「想いきり」より「重いキリ」がふさわしいのではないかと感じる次第なのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket