LINEで送る
Pocket

おいしくるメロンパンの「色水」について書いてみたい。

スポンサーリンク

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で
思い出を彩ってく

寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

くるくると回る風車を 君は弄んで
下駄のかかと鳴らしながら
「またね」って笑ったんだ

夏の終わりは通り雨の香り
「喉が渇いたよ」

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で
思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

生ぬるい風が吹いて
夏は僕を笑った
茜色に溶けだした
空は僕を見ていた

飛行機雲が淡く線を引く
いつか忘れてしまうのかな

色水になってく 甘い甘いそれは
君と僕の手の温度で
思い出を彩ってく
寂しくはないけど ちょっと切なくて
流し込んだ空の味

以上である。

内容については後ほど追記

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket