LINEで送る
Pocket

R-1グランプリをみて面白いという人と、まったく面白くないという人がいると思う。

スポンサーリンク

なぜこんなにも賛否が分かれてしまうのか。

それは、人が持っているお笑いコードが違うからということで一応の説明ができると思う。

お笑いコードという言い方がまどろっこしいならば、同じ価値観の共有、というふうに言い換えてもいいかもしれない。

どういうことか。

そもそも笑いというのは常識に対するズレか、常識を撫でることで共感を得るかのどちらかで生まれるのが一般的である。

少なくとも昨今のお笑いはそうだ。

「ボケる」というのは普通と違うことをすることであり、ここに面白みを生む。

さらにツッコミがボケていることを是正することで、ここに共感を生み、再び笑いをとるのである。

ズラすことと共感をセットにしたのが漫才の基本というわけだ。

そして、当然ながら「ボケ」を「ボケてる」と認識するには、ボケていない「普通」を理解しておく必要がある。

もし理解できていなければ、今の何が面白いの?という話になってしまうわけだ。

裸芸で股間を見せないように笑いをとるのは、裸体が「普通」ではないという認識があるからこそ成り立つものだ。

だって、裸族の人に裸芸をやっても「これの何がおかしいの?」という話になってしまう。

共感ネタに関しても、同じことだ。

そこには理解が必要となるわけだ。

モノマネなんて特にそうである。

その人の特徴を上手く真似ていると納得できて、それが面白いと感じるわけだ。

仮に知らない人のモノマネなのに笑ってしまうことがあるとすれば、それはモノマネのやり方が過剰であり、その動きなり声なりが「普通」ではないという「ズレ」に対して笑っているのであり、その笑いの本質は「共感」ではなく「ズレ」である可能性が高い。

外国のコメディが全然面白くないのはお笑いのコードが共有できていないからであり、下ネタだけは世界共通のお笑いコードであるため、どの国でもある一定の笑いを生むことができる。

これで笑いのコードの実態は理解できたと思う。

ただし、笑いにはもうひとつの要素がある。

スポンサーリンク

それは笑いを発信している人間に対して、どういう感情を抱いているかということだ。

考えてみてほしい。

同じ下ネタでも友達の下ネタなら笑えても、知らないおっさんの下ネタでは笑えないはずだ。

同じボケでも可愛い我が子のやるボケなら爆笑必至だが、知らないおっさんが同じボケをやっても「死ね」としか思わないはずだ。

つまり身内だと笑いのハードルは下がるし、相手への好意的な思いが強ければ、なおのことそのハードルは下がるわけだ。

R-1が面白いと感じるか感じないかは、ここの影響がとても大きい。

ブルゾンちえみのことを別のバラエティでよく知ってる人間と、そうではない人間であれば、そりゃあ笑いの沸点も変わってくる。

知らない人があのネタをみても「なに?あのお遊戯?」としか思わないことだろう。

サンシャイン池崎だって、ガキ使での斎藤工のクダリを知ってる人と、そうでない人とではその受け止め方に天と地の差があるだろう。

要はお笑いショーレースは認知度の差が大きく関係してくるわけだ。

もちろん、この笑いはそれだけでなく、キャラクターにより「ズレ」もあるとは思う。

だから、そのキャラクターに慣れて、その存在が「ズレ」てると思われなくなると、急に笑いがなくなるリスクもあるのだが。

相手への好感度の依存が笑いに大きく影響する最たる例は人気バンドのライブのMCだと思う。

どう考えてもつまんないMCなのに、ファンが笑ってくれることがよくある。

これは、相手への好意的な思いが笑いのハードルを極端に下げている最たる例なわけだ。

しかし、これは諸刃の剣である。

だって、これは裸の王様になってしまったと言っても過言ではない。

自分のことを知ってくれて、かつ同じ笑いコードを共通してくれている人ばかりが集まっているときは何をやっても受けるし、盛り上がるわけだが、数年経てばファンとの間のお笑いコードにズレが生じる可能性が出てくる。

このズレを読み取ることができなければ「すべる」という世にも恐ろしい事態を引き起こすわけだ。

いずれにせよ、お笑いのコードの共有×その人への好意的な思い=笑いの質になるということを抑えておけば、R-1の人による反応の違いを理解することはできるのではないかと思う。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket