LINEで送る
Pocket

今週公開でオススメの映画を紹介していこう。

今回はマドマックス〜怒りのデスロード〜。

荒廃した近未来を舞台に妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いたシリーズ作で今作が4作目となる。

では前作はいつ公開したのかとみていくと、なんと30年前となる1985年に公開していた。

過去3作ではメル・ギブソンが主人公を務めていたが、今回は「ダークナイト ライジング」「インセプション」のトム・ハーディが演じている。

物語の根底にあるのはシリーズを通して同じで、今作も勧善懲悪な逃避行劇といったにおいの強い作品となっている。

それもそのはずで、主人公は変わってしまったが、監督脚本は30年前と同じ、ジョージ・ミラーが担当しているのだ。

当時40歳だった彼も今では70歳。すっかり白髪がお似合いなお爺ちゃんになってしまったが、映画内容自体は相変わらずスリリングで面白いのである。

わりと過激な映画なので、慣れていない人は注意してみるようにしよう。

ちなみに日本版の主題歌は狼バンドとしてお馴染みのMWAMとバンド名がシマウマであるゼブラヘッドのコラボバンドが担当している。

そのことについてはこちらの記事も参照してほしい!

シリーズものではあるが、予備知識がなくても楽しめる内容となっているので、そういう方もぜひ映画館に足を運んでほしい。

LINEで送る
Pocket