LINEで送る
Pocket

シン・ゴジラを観てきた。

スポンサーリンク

稲妻が走るとはこういうことで、面白すぎて興奮冷めやらぬという感じ。

確かにカタルシスはいし、物語も薄いし、人間ドラマなんてあってないようなものだし、ぶっちゃけ「エヴァ」もそんなに思い入れないんだけと、やっぱり面白かったよなーっ思うのだ。

それはあの作品が幾層ものメタファーに包まれた作品だからなんだからだと個人的には思っていて。

タイトルの「シン・ゴジラ」からの「シン」という言葉からして幾つもの意味をここに内包しているわけで、この「シン」から幾つの意味を汲み取ることができたか(あるいはできたように錯覚したか)で、この映画に対する面白さの度合いって決まるんじゃないかと思う。

そんなひとつひとつのメタファーに思いを馳せながら、ずらずらーっと思ったことをまとめてみたい。

シンを「震」と見た場合

ゴジラが出てくるが、このゴジラは怪獣としては描かれないようにされている。

少なくとも作品中に「怪獣」というワードは出てこない。たぶん。

じゃあ、どういう描き方をされているのかというと、端的に言ってしまえば、日本という国に対する災難というような描き方をされているように感じるわけだ。

震災と並列された立ち位置というか。

まあ、震災と違って「手を打てばなんとかできる」というのも作中では言明されているわけだが。

また、ゴジラにはある特徴がある。

それは、攻撃を受けると放射性物質を撒き散らすもの、である。

それはまるで原子炉のメタファーのように見えるわけである。

解決の仕方も原子炉のときとまったく同じなのだから。

そして、ゴジラVSである国家に関して言えば、3.11が起こった時の内閣を極力再現しているように見える。

もちろん、これは今の国家で災害が起こった時にどういう対応をとるのかを、多々の取材を通して、極力リアリティがあるように描いているのだろうが。

まあ、結局のところ、この作品の骨格は一言で言っしまえば、日本は外国に頼らず原子炉を無事冷温停止させるのかという話であり、「3.11でもきっとこうできたはずだ」という願いが詰まった構図になっているわけだ。

そして「願望」はそれだけに留まらず、もうひとつの願いを作品に反映させている。

それは、ツイッターなんかが出てきた時代によく言われていたこと。

ひとりひとりは大した力がなかったとしても知恵を集合させて「集合知」にすれば、大きな物語にも勝つことができるはずだ、インターネットやSNSはそういうツールになるという希望だった。

結局、インターネットはバカと怨嗟の吹き溜まりになってしまったわけだが…。

シンを「進」と見た場合
そして、「深」と見た場合

今回はゴジラは作品中に進化する。

第四形態まで進化するわけだが、最初は深海にいたゴジラはやがて、海から出て地を這いずり回り、やがて二足歩行になる。

で、このゴジラってなぜ深海に出てきた日本の首都を目指したのかがはっきり明示されていない。

食料を探しているわけでもないし、殺戮マシーンになって人を殺そうとしているわけでもなければ、新しい住処を探しているようにも見えない。

もちろん、国難のメタファーとしてゴジラを描いただけであり、人と話が通じさせなさそうな感じさえ出せばそれで良しだったのだ、とすることもできそうだが、庵野監督たるもの、そこに「理由」なくゴジラを行動させたりはしないと思うわけだ。

なぜ、ゴジラは進化していくのか。

もちろん、科学的根拠みたいなものはつらつらと述べられるわけだが(そして、私は勉強不足ゆえその辺に関してはあまり理解できなかったのだが)、ひとつ確かなことはゴジラの中に「人間の遺伝子」が組み込まれている点である。

爬虫類のようなものから人間に進化しているところがポイントのように感じるのだ。

「深」海にいたゴジラが「進」化することで、「進」んでいったのは、そこが目的地だと反応的に知っていたからだ。

ゴジラの中に牧教授が宿っていたのだ。

思えば、牧教授は自殺したといいながら遺体は発見されておらず、「好きにするぞ」と書き残して遺書だけ置いといている。

この「好きにするぞ」とはゴジラになることなのだとしたら…。

なぜ、日本の首都に行き、あそこでじっと何かを待ち続けたのかの理由が見えてくるのではないか。

スポンサーリンク

シンを「真」と見た場合

ゴジラというのは映画の中の架空のモノであると思われているが、真のゴジラは現実にもいるのだろう。

それは震災とか原子炉とかそういうものに置き換えることができるかもしれない。

そして、あの映画におけるゴジラの真の姿はもしかしたら牧教授かもしれないという説。

おもえば、ゴジラはなぜか日本軍に攻撃されても一切反撃をしなかった。

歩き回りはしたものの、能動的に人を殺すようなマネは一度だってしていないのだ。

で、ゴジラが具体的に「日本」を攻撃したのは米国の攻撃を受けてからだった。

まるで、ゴジラは原子爆弾を落とされた日本のメタファーであるかのように、そのとき初めて攻撃されることによる悲鳴をあげるのである。

あの後、ゴジラは尾から放射線を撒き散らすわけだが、あれはゴジラが攻撃しようとして放っているものではなく、防衛反応として意識があるなしに関わらず、出てしまう「反応」のようなものだと作品中で明かされる。

つまり、被害をあそこまで拡大させたのはゴジラではなく、我々人間側だったのだ。

ゴジラは真の姿とは、日本のメタファーであり、それを代表する人間として牧教授が登場してきたのではないか。

選挙によって選ばれて国民を「代表」した政治家たちとの、代表者同士の戦いだったのかもしれない。

シンを「新」と見た場合

もちろん、あの映画はゴジラの新作である。

今の、3.11を経た日本にゴジラが出たら日本はどう立ち向かうのか、日本の良さと悪さを描きながらも、それでも第二次世界大戦や震災を乗り越えてきた国民の静かに讃えつつ、描いたわけだ。

でも、あの映画はただの「新」ではなく、初代ゴジラが描こうとした社会性をそのまま投影させるような形で作っている。

つまり、監督からしたら、これは「新しい」ではなく、「置き換えた」だけのニュアンスなのかもしれない。

だから、シンは新ではなく、カタナカにする必要があったのではなかろうか。

シンを「神」と見た場合

最後のゴジラの尻尾のカットにどうみても風の谷のナウシカに出てきたような「巨神兵」がいたことは明らかである。

個人的に、あそこから風の谷ナウシカに繋がるというわけではなく、むしろあそこで核攻撃をしかけていたら、あそこにいた「巨神兵」が「進化」して世界を襲い、地球を滅ぼしていた。

あそこで「冷却」という判断をくだし、日本が自分たちの力で国難に立ち向かったからこそ、地球は守られたのだ、ということを示唆したかったのだと個人的には思う。

だから、あのゴジラは地球の存亡すらも握っていた、まさしく「神」のような存在でもあったことをあそこで暗示させているのではなかろうか。

そして、ゴジラは日本の動きをみて「生存」という「審」判をくだしたのかもしれない。

シンを「親」と見た場合

ゴジラの生みの親的存在である、田中友幸氏、円谷英二含めにリスペクトをし続けた様々な細部。あれをあそこまで再現できたのは庵野監督だからだろうと思う。

あと、親日なハーフがわりと命運を握るのもポイントかな?

おまけ

ゴジラに襲われた東京で、コジマ×ビックカメラの店内が映るシーンで、各テレビ局が首相会見を流すシーンがありましたが、、たった一局アニメ流してるテレビ局がありました。

おそらくはテレ東。

新世紀エヴァンゲリオンというとてもディープなアニメを6時から放送していたすごいテレビ局の存在をちらつかせる通り、とてもエヴァファンも興奮する細部がたくさんありましたが、それについては他のサイトでたくさん言及されていると思うので、ここでは割愛します。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket