LINEで送る
Pocket

2018年4月4日にリリースされたパスピエのミニアルバム「ネオンと虎」。

スポンサーリンク

この記事では、当該アルバムの感想を書いていきたい。

「ネオンと虎とは?」

アルバムタイトルであり、アルバムのトップ曲にもある「ネオンと虎」という言葉。

対照的なものを並列している感のあるフレーズだが、果たしてこの単語にどんな意味があるんだろう?

まあ、他媒体のインタビューにて、タイトルがなぜこうなったのかのネタバラシはしていたりするのだが、それをここで提示しても面白くないので、一旦それは無視する。

ここで言えるのは、ネオンというすごく都会的で“人工的”なものと、虎というすごく野生的で“自然的”なものを並列しているということである。

この「並列」あるいは「対比」というのは、このアルバムを堪能するうえでも重要なキーワードになっている。

というのも、今回のミニアルバムでは全曲を通じて、相反する二つの要素をぶつけることで、意味を掘り下げるアプローチが多い。

例えば、「マッカメッカ」は、パートごとに細かく韻を踏んでいるが、その中で単語と単語の差異を上手に使っている。

真っ赤とメッカとか、真っ赤と真っ青とか。

そもそも「マッカメッカ」はリクルートの企画「Follow Your Heart & Music Presented by RECRUIT」に提供された曲でもあり、その時に掲げたテーマが“嘘と真”とだったりする。

テーマ自体にも並列と対比がなされているわけだ。

「かくれんぼ」の歌詞でも、「もういいよ」というフレーズに並列の精神が隠されている。

かくれんぼをする時によく言う「もういいかい?もういいよ」の「もういいよ」と、諦めたときに言う「もういいよ…」の二つの意味が重ねられているのだ。

「恐るべき真実」にも、そういう要素がある。

歌詞を読んでいくと、出会いと別れとか、生と死とか、そういうふたつの何かが輪廻のように巡っている印象を受ける。

このように、各楽曲で並列と対比の仕掛けが構築されて、そこからさらなる意味を生み出す構造をとっている。

楽曲のみならず、アルバム全体に視野を広げてと、並列と対比の構造はみてとれる。

例えば「かくれんぼ」のように想像の余地がある歌詞で作られた歌と、「トビウオ」のようにメッセージの強い歌を並列させることで、歌の世界観と意味性を浮かび上がらせている。

相反する価値を対にするからこそ、見えてくるものがあるわけだ。

このアルバムはそういう構造が張り巡らされている。

「トビウオ」から見るパスピエの意志

先ほども述べたが、「トビウオ」は、特にバンドの意志が込められた強い言葉が目立つ。

「生まれ変わるさ 何度でも」なんてフレーズは、どう聴いても今のパスピエのモードを表している。

というのも、2017年にドラマーのやおたくやが脱退し、パスピエは4人体制で活動することになった。

パスピエ内でも色々と「生まれ変わる必要」があったわけだ。

ただ、そこで生じた変化に対して、パスピエは「向きを変えれば追い風」になるし「考えようじゃ晴れ模様」と考えていることを示し、まだまだトビウオのように跳ねていく決意を見せるわけだ。

スポンサーリンク

そんなモードだからこそ、「ネオンと虎」のようなアルバムが生まれたのだろう。

脱退があるからこそ、進化があるわけで。

ここにも、ある種の並列があるわけだ。

あと、ネオンと虎の話に引き寄せて言えば、この歌は虎側に寄せたフレーズが目立つし(そもそもトビウオという単語が虎側の言葉っぽいし)、「野生」というキーワードも歌詞に入っていたりする。

なつき嬢は、他媒体のインタビューにてこんなことを語っている。

“ネオン”っていう人工物と、”虎”っていう野性の感じって、私たちに近いのかなと思ってるんですよね。シンセサイザーとかエレキを使ってるけど、でもバンドの力強さを頼りに生きているというか。

パスピエというバンド自体が並列と対比のバンドなのだ。

そして、そんなバンドの力強さに寄せた「虎の部分」ともっとも親和性の近いフレーズが、トビウオの歌詞でたくさん現れてくるのは興味深い話である。

パスピエの歴史がここにある

「ネオンと虎」は、ザ・80年代ニュー・ウェーヴな歌であり、それはパスピエの出自であり、ルーツである。

ちなみに、ニューウェーブが何かはよくわからん人は、シンセサイザーが鳴ってるこの感じが
ニューウェーブ感と思っといてもらったらたぶんいける。

一方、「マッカメッカ」はテンポの変化が激しかったり、間奏の部分でいきなり楽器隊が前面に出てきたりと、曲の展開が独特で、プログレ感の強い一曲となっている。

アルバムを進めていくと、ヴァイオリンを取り入れた「Matinée」や、ポップな「トビウオ」が出てきたりと、各楽曲ごとの色はまったく違う。

「オレンジ」に至っては、パスピエにしては珍しくファンク臭が漂うディスコチューンだし。

そして、ラストの『恐るべき真実』では大胆にピアノがフィーチャーされて、クラシック要素が前面に出てくる。

やがて、クラシックからプログレ感のある展開へと変化していき、この曲は不思議な着地を見せることになるのだが。

対比という話に戻るなら、この歌はクラシックとポップスの並列と対比があるように思う。

クラシック=ドラムという打楽器的ビートがないジャンルに、少しずつバンドが介入していくことで、ビートが生まれ、ロックになりポップになり、そしてその展開が独特だからプログレ感も生まれる。

ニューウェーブやプログレに、ロックやポップスという要素を落とし込むことで、パスピエというバンドが個性を手に入れたように、このアルバムには、パスピエが歩んできた系譜に、今のパスピエを落とし込むことで、新たなパスピエを生み出す構造もある。

昔のパスピエと今のパスピエ。

それもまたひとつの並列と対比の構造から生まれたものである。

そして、この二つが対比されることで、今までになかった新たなパスピエ、という要素が見えてくる構造なのである。

それこそ、それはネオンと虎というアプローチの縮図である。

ネオンと虎のように、相反する二つの要素を引き寄せることで、パスピエはパスピエ足り得る個性を手に入れたし、今作も「パスピエらしい方法論」で、今までにはないパスピエを、もっともパスピエらしく表現する、そんなアルバムを生み出したわけである。

ん?何が言いたいかわからんって?

俺もよくわからん。ごめん。でも、このアルバム、凄くいいよってそういう結論。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket