LINEで送る
Pocket

例えば、レディクレのB’zなんて誰がどう考えても規制になると思う。

スポンサーリンク

この記事を書いてるタイミングでは、タイムテーブルが発表されていないからわかんないけど、B’zの前だって客引きの強いアーティストの名前が並ぶだろうから、たぶんこのステージはずっと規制になると予想される。

もちろん、各々一番の目当てのアーティストはそれぞれ違うのだろうが、少なくともB’zが一番のお目当て、と考えている人からすれば、終始規制濃厚という情報は恐れでしかない。

規制になって入れなくなってしまうことを危険と考えると、かなり早いタイミングからステージ内に潜伏する必要が出てくる。

仮に、B’zの前のアーティストがあまり興味がなかったとしても。

そして、これがフェスのライブ環境における悲劇を生んでしまう。

要は、オーディエンスの中でそのアーティストにまっっっっったく関心がない人も紛れてしまうということ。

いや、紛れるのは悪いことだとは思わない。

問題は、待機する位置である。

こうやって事前に潜伏する人に限って、熱狂的な人が多く、どうせ見るなら良い位置で見たいと考え、わりと前の方で、待機するわけだ。

待つ側はわりとしんどい。

興味のないアーティストのライブをスタンディングで見るという行為は、ショップ店員の立ち仕事並みのストレスになってしまう。

それ故、退屈が全身に滲み出てしまったり、全然ライブにノる気になってなくて俯いてしまっていたり、挙句、ケータイをいじってしまう人が出てしまったりするわけだ。

人は、このような客のことを「地蔵」と呼ぶ。

ほとんどの人は、このような「地蔵」行為を忌み嫌う。

当然、このような行為は演奏をしているアーティストにも、そのアーティストを本気で近くで観たいと考えているファンにとっても、失礼な行為となる。

とはいえ。

やはり、観たいアーティストのために事前に待機も辞さないと思ってしまうのが人の心理だろうし、普通のワンマンなら絶対に最前が取れないアーティストほど、そういう思いの強い人が集まることは間違いない。

そんな人に、そういうのはダメだから辞めましょうね、と諭したところで、「うるせー黙れ」としか思われないわけだ。

であれば、どのようにして、地蔵問題を解決するべきなのだろうか?

よくある提案として、地蔵が発生するアーティストの前は、ラウド系やモッシュピットが荒れる系のバンドをおけばいいのだ、という提案がある。

モッシュピットを荒らすだけでは効果が薄いと思われる場合は、某BRAHMANのフロントマンのように、問答無用に客席に降臨するバンドをおくことで、地蔵が撤退してしまうような空間を作るという方策もある。

そして、これが地蔵問題における、もっとも建設的な作戦であると考える人間が多い。

確かに、これならよほどガタイとメンタルの強い地蔵でない限り、撤退を余儀なくされるだろうし、最前の熱量は「良い状態」を保って、次のバンドにバトンを渡すことができる。

が、これには問題がある。

地蔵側からすれば、フェスに恐怖心を与えるだけだし、フェス慣れしていないおば様なんかだと、モッシュという文化すら知らずに最前にいたりするものだから、わりと単純に危ない。

ただの建前になりつつあるとはいえ、ほとんどのフェスでは、モッシュやダイブ行為は禁止しているわけだし、やり方によっては、サークル作りたがりマンが勘違いしてイキるだけになってしまうこともあり、抜本的な解決にはならない。

また、モッシュが発生しないアーティストで待機する地蔵はどうするのか?という問題もある。

スポンサーリンク

では、どのような代案を考えるべきか。

こうなると、地蔵側に意識を変えてもらうべきだと思うのだ。

そもそもフェスの本質として、○○が目当てで、××もたまたま観たけれど、すごく××がカッコよくて、××のファンになっちゃいました、っていう流れが理想的なわけだ。

つまり、地蔵をするなら、お前らちゃんと楽しんじゃえよ、という回答になる。

まあ、露骨な地蔵をするやつはフェスにおいてビギナーであることが多いし、他アーティストに対する理解が一切ないのが厄介なんだけど。

そんなわけで。

知らないアーティストでも、知っている曲がないアーティストでも、どうすれば楽しむことができるのかについて考えてみたい。

1.混ざる

サークルだろうが、モッシュだろうが、手拍子だろうが、よくわからん振り付けだろうが、とにかく混ざること。

フェスのメインステージに出るアーティストはそれなりの実力者であり、盛り上げ上手であることが多いので、混ざるとやっぱり楽しい。

知らなくても混ざっていたらその気になっちゃうものである。

しかも、混ざる方が意外と体力を使わないものである(一部アーティストを除く)

2.自分なりの注目すべきポイントを持ちながらステージを凝視

例えば、音響に理解のある人ならば、そのバンドがどんな音響を使うのかをチェックしているだけで楽しいし、ビジュアル面でこだわりのある人なんかだと、バンドごとのバックに掲げる旗の違いを観察するだけでもすごく楽しい。

ライブは聴覚で楽しむものかもしれないが、視覚で楽しむことだってできるわけだ。

曲を知ってるか知っていないかのみで、そのアーティストの関心度をはかりがちだが、五感をフル動員させたら、意外と色んな景色が見えるものである。

まとめ

周りの動きとか気にせず、音に合わせて身体でビートを刻む。それが周りも自分も結果的に一番楽しくなる。

だから、これに限るのだ。

フェスというのは本来そういうものだし、ひとつでも新しい発見をする方が幸せだし、なによりそれがピースフルなのである。

だから、地蔵は色々と勿体ないのでやめましょうねーという、そういうオチ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket