LINEで送る
Pocket

この前、シンガロングについて記事を書いて、わざと一部ちょっとツッコミの入れようのある書き方をしてみた。

スポンサーリンク

で、もう少し色んな反応をみてから、それに応答する記事を書きたかったのだが、予想よりも反応が薄かったので、諦めてさっさとPSの記事を書いてみたいと思う。

まあ、あの記事に断りをいれていくとすれば、ライブの最初から最後まで熱唱するような奴がいれば、僕だってイラっとするし、なんなら軒並みのシンガロングにはイラっとするタイプの人間だと自負している。

これは、ダイブ・モッシュでも同じ話だ。

けれど、それでもシンガロングを擁護するような物言いをするのは、シンガロングという言葉を聞いた時点で思考停止をしてしまい、「ライブ中に歌う奴?は?死ねっ!」って感じてしまう日本人の「潔癖的ライブマナー」違和感を覚えるからである。

シンガロングという時点でアレルギーを反応みせるのはどうなのか?という話であり、ライブの熱狂の反応として、シンガロングが起こるのはむしろ不思議でも何でもないのではないか?という話である。(前回の記事で、明らかにシンガロングを擁護するような書き方をしたのは「反発する反応」が見たかったからだったりもするわけだ)

さて、シンガロングが嫌な人は自分の「聴く自由」を奪われるから許せない、というのが軒並みの意見だと思う。

こういう人はダイブだって許せないだろうし、他人は極力「透明」であってほしいと望んでいるタイプだと思われるから、ライブというのはアーティストとお客さんが一緒になって作っていくものだと説法を解いたところで、自分の「観る」を邪魔する全ての「ノリ」は不愉快と判断し、吐き捨てるものだと思われる。

こういうタイプの人にシンガロングは〜〜って話をしたところで、「いや、許せないでしょ」の意見に変わることはないと思う。

でも、大方の人は音楽に合わせて身体を動かすことまでは否定しないと思う。

例えば、サビになると手を上にあげたり、左右に手を振ったりすること。

あれを「自分の視界が遮られて不愉快だからやめてほしい」と思う人がどれだけいるだろうか。(けっこういるのだとしたら、個人的にはカルチャーショックなのだが)

仮にそれが大多数の意見だとして、ライブ運営側が全てのお客様がライブを平等に楽しむ権利を奪わないようにするとしたら、下記のような提案をしなければならなくなるだろう。

スポンサーリンク

・全てのお客様がライブを楽しむ権利を奪わないようにするため、背の順、視力順でライブ会場に入場して頂きます。

・全てのお客様がライブにおける安全に楽しみ、その視界を遮らないようにするため、ライブ中は頭より上には腕を上げないようにし、パーソナルスペースをはみ出さ話ないようにしてライブをお楽しみください。

さて、これを窮屈と感じるから、ええやん!と感じるかどうかがポイントだと思う。

音楽に対してリアクションを規制するなんて、おかしいでしょ?と思うかどうがポイントなわけだ。

とはいえ、先ほどの話は視界の話であり、聴くことさえ邪魔されなければそれでいい、という人ならば、今度こう問うてみたい。

あなたは、ハンドクラップや、手拍子は許せますか?

間違いなく、ハンドクラップや手拍子は「聴く」ことを邪魔する「反応」である。

集中して演奏を聴くことを邪魔する反応だと思うのだ。

これに対してはどういう意見をお持ちだろうか?

また、運営側がお客さんのライブを楽しむ権利を奪う恐れがあるので、ライブ中はいかなる音をたてることも禁じ、ハンドクラップや手拍子をして演奏を妨げるような方は退場してもらう場合もあります、と発表をしたとしたらどう感じるだろうか?

もちろん、ハンドクラップとシンガロングでは邪魔する度合いが違うかもしれない。

サビで手をあげるのとダイブでは邪魔をする度合いが違うかもしれない。

だからこそ、僕は多くの人の邪魔をする恐れがある「反応」に関しては、こういう言い方をするわけである。

「それが本当に音楽に対する熱狂により生じたものであるならば、いいんじゃないか?と」

そりゃあ色んなルールを運営側が設ければ、全体としては「快適」になるかもしれないが、本当にそんなことをしてアーティストとお客さんとでライブ空間を創り上げることができるのか?という話であり、音の楽しみを制限して何が「音楽」だと思うわけだ。

音楽のノリ方はこうあるべきである、という考え方がそもそもおかしいのだ。

けれど、蓄積された教育と経験によって、ライブとはこうあるもの、音楽の楽しみ方はこうであるものというふうに考えてしまい、本来的な音楽を楽し方や、それに対する「本来的」反応を理性でフタをしようとするわけだ。

まあ、それでも、ロッキンのように「管理するからこそ」老若男女に楽しんでもらえる空間を提供をしている、というニーズもあるし、それ自体は間違った選択だとは僕は思わないけどね。

まあ、この話はこれでおしまいにします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket