LINEで送る
Pocket

京都大作戦2017がもうじき開催される。

というわけで、僕の独断と偏見で各バンドのこういうところを注目したらいいよ、というのを書いてみたいと思う。

スポンサーリンク

まずは1日目。

1日目のタイムテーブルはこちら。

My Hair is Bad

Twitterではチャラそうで、少しメンヘラっぽそうで、限りなくクズ人間っぽそうな臭いを漂わせてるくせに、実はかれら、ライブはすごく熱い。

作りたてのマクドナルドのアップルパイの中身くらい、熱いライブをみせるのである。

あえて系譜を述べるなら、サンボマスターのような感じて、(そのサンボマスターも同日にいるわけだが)楽曲中に容赦なく、熱い語り・MCを放り込んでくる。

歌うのか喋るのかどっちやねん、ってくらいとにかく語り、叫ぶわけだが、その熱さに心打たれたりしてしまうわけである。

とりあえず「元彼氏として」「真赤」「ドラマみたいだ」「告白」「mendo_931」「from now on」あたりを披露しつつ、「音楽家になりたくて」とか「夏が過ぎてく」あたりで締める感じになると思うので、その辺を予習してもらえればと思う。

ヤバイTシャツ屋さん

10-FEETとの圧倒的癒着が浮き彫りになり、同じ京都人なのにちっとも大作戦には呼ばれなそうな雰囲気の岡崎体育と大きな溝を開けつつある彼ら。

早くも二度目の出演決定なわけだ。

ミリオンロックでもロッキンでもトリを任せられがちで、大物のウラはとりあえずヤバTを置いておけばなんとかなる、とりあえず若いライブキッズは勝手に話題にしてくれるだろう的な作略に嵌められがちなのだが、大作戦におけるその枠は、事務所のパイセンであるジーフリが担当しがちなので、今回はトップ出演。

おそらく10-FEET的には、ヤバTは牛若のダスト的存在にしたいのではないかという想像。

ちなみに今年、準レギュラーであるACIDMANがアニバーサリーイヤーにも関わらず京都大作戦に出演しないのは、ヤバTと若干ジャケットこのテイストが被ってしまったからである説があったりなかったり。

竹原ピストル

マイヘアはライブ中に熱いMCをする系バンドであるが、竹原も己の熱さが滲み出てる系のアーティストである。

常に熱さが楽曲に憑依しがちである。

元々、アコギの弾き語りが彼のスタイルであり、オールドタイプのフォークソングがメインなので、歌も「語り」に近い要素が多分に含まれている。

ちなみに、MCはわりと笑えるものが多いし、意外と笑顔が素敵なおっさんだったりもする。

とりあえず、今年の新曲「Forever Young」と昨年リリースした名曲「よー、そこの若いの」と
ライブ序盤に歌う率がかなり高い「LIVE in 和歌山」辺りを抑えたていたら完璧だと思われる。

あとは「みんな~、やってるか!」「ドサ回り数え歌」「ちぇっく!!」「Amazing Grace」辺りを抑えたら、なおのこと完璧である。

夜の本気ダンス

ぶっちゃけ彼らを「夜」に観た試しがない。

大体、昼間に出演しているイメージ。

ドラムの人がMCをするのだが、昔は勢いだけの見切り発車なMCのせいで、滑ってしまったり微妙な空気になることが多々あったのだが、最近は場数を踏んだだけあって、たまに面白いMCを披露している。

ただし、微妙に声量がないのがたまに傷。

「B!tch」「WHERE?」「Crazy Dancer」「By My Side」「戦争」辺りを予習すればまず大丈夫。

ライブは無難に楽しいので、安心してノッてもらったらいいと思う。

普段はダイバーとか出ないけど、大作戦なら出るかもしれない。

下がコンクリートな感じなので、そこだけ注意してほしいところ。

サンボマスター

マイヘアに竹原ピストルという流れで、多くの人は気づいたと思う。

今年の1日目は、熱いアーティストばかりを源氏に立たせて、ステージを沸騰させる気である、と。

もはや歌っているのか語っているのか、叫びにきたのかよくわからんけど、でも誰よりも声量があって、誰よりもハートフルな気持ちになれるライブをするのがサンボマスターの魅力であり、こんな熱いバンドを立て続けに並べる大作戦側のあざとさが浮き彫りになる。

が、サンボマスターの熱さは先ほど2名と比べても群を抜いてると思う。

だって、サンボマスターはいつもセトリが固定で何がくるのかわかっているのに興奮しちゃうのである。

「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」
「ミラクルをキミとおこしたいんです」
「できっこないを やらなくちゃ」
「光のロック」
「世界をかえさせておくれよ」
「YES」

絶対、ここらへんは入れてくると思われる。

でも、サンボって何の曲がくるのかわかってるいても、山口の熱量あるMCに全てを持っていかれてしまうのだ。

これは観たら誰もが納得すると思う。

この予想を裏切られることは、まずない。

ところで、地味にポイントは10-FEETのTAKUMAの呼び方なのである。

というもの、彼らと同世代のバンドや先輩方はTAKUMAのことを呼び捨てで呼ぶし、後輩はTAKUMAさんと「さん」付けである。

BRAHMANのトシロウだけは彼のことを「唇お化け」なんて言ったりするが。

が、サンボの山口は上記のどれとも違う。

なんと、山口はTAKUMAのことを「くん」付けで呼ぶのだ。

「TAKUMAくん」という五感にニヤニヤしながら、ぜひサンボマスターのライブを堪能してほしいと思う。

スポンサーリンク

Creepy nuts

ラップが上手い。

何個か単語を与えたら、それを全部使用して即興ラップをしたりする。

アドリブ力はマジで神であり、MCも普通に面白いので、MOROHAは苦手だったという人も彼らならきっとハマると思う。

ラップ系はちょっと。。。という人ほどぜひ観て欲しいラッパーである。

たぶんアドリブラップばっかするせいで、自身の楽曲は2〜3曲しか披露しないだろし。

だから、予習不要。

アドリブ部分にぜひ注目。

Nothing’s Carved In Stone

去年、大作戦にテナーを呼んだとき、おそらくひなっちとTAKUMAはこんな会話をしたのだろう。

ひなっち「大作戦、楽しいわ」
唇氏「うむ」
ひなっち「来年も来たいんやけど」
唇氏「ん〜考えとくわ」
ひなっち「なんでよ?呼んでや!」
唇氏「同じバンドを何回も続けて呼ぶんわちょっとな〜。Kjとかロットンとかはさ、今更声かけんかったら色々とめんどいやん?なんで今年は呼ばんかったん?ってなるやん?だから、声かけなあかんしさ、健さんいつもノリノリで来るやん?先輩やん?今年は来ないでくださいとかそんなん言えんやん?そういうしがらみ、これ以上は作りたないから、極力連続して同じバンドは呼ばんようにしてるねん」
ひなっち「じゃあ、来年はナッシングで出るから、それで手、うってなー」
唇氏「考えとくわ」

そして、数週間後、ウブさんと会い、大作戦の話になる。

ウブ「おれってさ、初めての大作戦のとき、エルレ出たやんか?台風で本当の1回目が流れてもうたけど、その次の年もやってくれること期待したからスケジュール空けて待ったやんか?で、出たやんか?エルレとして」
唇氏「せやな」
ウブ「そっからさ、1回目も声かけてくれてへんてんへんやんな。あ〜あの岡超えたところでライブしたいんやけどな〜そろそろ〜。誰か誘ってくれへんかな〜」

そう言いながら、ウブはTAKUMAの方をチラチラと盗み見る。

唇氏「タイミングとかあるからな。こればっかりはなんともなー」
ウブ「でも、細美はここ2年連続で出てるよなー。俺は呼ばれてへんのになー。おかしいなー」
唇氏「ふむう…(ここで、変にはぐらかして声かけへんかったら後々めんどうになるなあ。ひなっちの件もあるし、今年はナッシングス呼んどくか。あと一枠は本当はACIDMANに来てもらうつもりやったけど、しゃーないなあ。諦めるか。こっちの方が色々と丸く収まるしなあ。ごめんなあ、大木)

唇氏、少し熟考した後、

「んじゃあ、今年、頼むわ。俺らのアニバーサリーにはやっぱりウブがおらなあかんわ。ナッシングス、頼むわあ」

みたいなノリで、ナッシングの出演は決まったのだと勝手に思ってる。

打首獄門同好会

たぶん自前のモニターを持ってきてライブを披露するので、視力が悪い人は彼らのネタを見逃さないようにするため、前の方に来といたらいいと思う。

また、曲の途中でうまい棒を支給する可能性が高いので、お腹を空かせてライブに参戦したらいいと思う。

アー写だけみると、漁業関係の人?と勘違いしてしまうかもしれないが、お米の歌とかお風呂の歌とか庶民の生活に密着した歌を歌ってくれるバンドなので、社会勉強をするつもりでライブを観たらいいと思う。

コミックバンドみたいなノリが強いので、とりあえず楽しいバンドである。

SiM

MAHはちょくちょく大作戦にオープニングだけ登場して、ペットボトルを渡すだけの役をしたりしてたけど、SiMとして源氏のステージに立つのは2013年以来、4年ぶりの話である。

その2013年の大作戦、SiMはトップバッターだったけれど、岡を超えてこのステージに立つのき5年かかったという熱い思いを、当時はあまりステージで多くは語らなかったMAHが、あんなにも赤裸々に言葉を述べたのは印象的だった。

あのMCは大作戦の中でも3本の指に入る感動的なMCだったように思うし、大作戦に足繁く通っている人なら記憶に深く刻まれていると思う。

が、2013年は、それ以上に記憶に残る大事件が起こった。

このときも、SiMはハイスタの影に隠されてしまったわけだ。

どういうことか?

この日の10-FEETはアンコールで「STAY GOLD」を演奏したのだが、それをみた難波さんと健さんがサプライズでステージに上がり、一緒に「STAY GOLD」を演奏するという事態が起きたのだ。

もう、お客さんの興奮の声と、TAKUMAのマジで喜んで「キッズ」に戻ったあの笑顔は象徴的であった、

この辺りの顛末は「京都大作戦 STAY GOLD」でググり、10-FEETのTAKUMAのブログなんかを読んでもらったらわかると思う。

「STAY GOLD」の話(前日談も含め)はすんごい長文で書かれてるのに、SiMのMAHの感動的なMCについては、TAKUMAのブログでは2行くらいしか語られていない。

要は、MAHは京都大作戦でも、ハイスタに晴れの舞台を邪魔されたということになる。

が、MAHのある種のハイスタに対するコンプレックスは、今年のサタニックで粉砕された。

少なくとも、サタニックのMCはそういう決意表明の表れだったのではないか、と思われる。

2013年、MAHが初めて京都大作戦の源氏のステージに立ったときに、10-FEETの前(いわゆるセミトリ)を務めたのは何を隠そう、ken yokoyamaだったわけで、運命を感じざるを得ない組み合わせである。

もしかしたら、TAKUMA以上にこの日はMAHも気合いが入っているのではないか、と思うわけだ。

だからこそ、1日目はマイヘア、ピストル、サンボという熱血系バンドで打線を組んだような
並びにしたのではないだろうか。

SiMは前週に自身のフェスもあるわけだが、大作戦はこんなもんじゃないぜ、という10-FEETのある種の挑発なのかもしれない。

ただし、SiMは2013年のあの頃とは全然違う。

この4年で、SiMは文字通り日本のロックシーンを背負うべきバンドになった。

TAKUMAだってそう思ったからこそ、これだけ色んなことを重ねさせたうえで、SiMを自身の前に置いたのではないかと思うわけだ。

もしかしたら、この日、サタニックよりも、デットポップよりもすんごい「Killing Me」が観れるのかもしれない。

四星球

言わずもがななコミックバンド。

源氏は熱い系バンド、牛若はお笑い系で固めたような印象だが、実は四星球は熱血系コミックバンドでもあり、わりと泣ける歌も歌える。

おそらくラストは「オモローネバーノーズ」というミスチルのパクリ曲みたいなタイトルの歌を歌うのだろうが、この歌がまた泣けるのである。

MCも熱いのだ。油断したらわりと泣ける。

あと、四星球は人の上を歩いたり転がったり、運ばれていく感じのバンドなので、今日はズラなので頭を刺激されるのは避けたい、という人は階段の上から見下ろしようにライブを見ておくことを強くお勧めする。

以上、京都大作戦1日目の各バンドの魅力・オススメについてなのでした。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket