LINEで送る
Pocket

京都大作戦2017出演バンドの注目ポイントを列挙する記事。

次は2日目の出演バンドについて書いてみたい。

スポンサーリンク

The BONEZ

去年の大作戦は電気系統でのトラブルがあり、予定していたパフォーマンスができず、それどころか一切の楽器演奏できなかった彼ら。

ロットンとかジーフリとか芸人とか、みんながステージに出てきて、電気系統が復旧することを信じて場を繋いだり、JESSEが拡声器ひとつだけで即興ラップを披露したりと、源氏以上に大円団感の強いライブを披露した彼ら。

百戦錬磨のJESSEだからこそできるパフォーマンスだったし、あのライブは2016年の京都大作戦の伝説を作ったといっても過言ではない。

なぜ突如としてあんなトラブルが発生したのかはわりと謎に包まれたままなので、きっと天国にいるKがイタズラしたんだよということにしておきたい。

とにもかくにも、彼らが演奏できなかったのは紛いもない事実なので、TAKUMAは昨年の京都大作戦が終わった段階で、彼らには来年の源氏でリベンジをしてもらうと宣言していた。

そして約束通り、彼らは源氏の舞台に立つことになったわけだ。

昨年のライブは伝説と言われたものの、やはり予定していた楽曲はなにひとつ披露できなかった彼らに悔しさがなかったと言えば絶対嘘だと思う。

2年分の思いとか、フラストレーションとか全て詰め込んで、今年はライブを披露するのではないだろうか。

基本的に、トップバッターはそこまで気合いを入れてライブを観にいかない、という人たちも多いと思う。

別にPTPにもRIZEにも思い入れなんてないし、The BONEZなんて卑猥な名前のバンドなんて知らねえ、という人もいるかもしれない。

が、あえて言おう。

彼らのライブは、一度は観た方がいい。

ただでさえ、あんなに音のカッコいいバンドが2年分の気合いを込めてライブをやるわけで、やばくならないわけがないのだから。

予習したいならば、「Place of Fire」「Louder」「Adam & Eve」「Friends」「Thread & Needle」「Revolution」辺りを抑えたらいいと思う。

上記のうち、半分以上は最新アルバムの楽曲なので、時間がないならそちらだけでも聴いたら良きかと。

さて、今年は天国にいるKは、彼らのステージにどんなイタズラを仕掛けるのだろうか。

NUBO

実は10-FEETと同じ事務所である彼ら。

そのため、大作戦も準レギュラー的立ち位置出演しているわけだが、本当に彼らは大作戦に相応しいライブを観せてくれる。

笑って泣けるピースフルなライブであること、お客さんの一体感がすごくて仮にぼっちでいたとしても、一緒にサークルに入ってワチャワチャできるような暖かさがあること。

初見だろうが、人見知りだろうが関係なく、隣の人が肩を組み出したら、その輪の中に入ってサークルに混ざればいいと思う。

本当にみんな楽しそうな笑顔で純粋に彼らのライブを楽しんでいるからさ。

予習に関しては、比較的新曲の「インソムニア」と彼らの代表曲「Circle」は鉄板中の鉄板なので、この辺りを抑えてもらえれば。

FIRE BALL with HOME GROWN

ロックキッズの人たちからすれば、お前誰やねん?と思う人もいるかもしれないが、不動のレゲエ枠として、オリンピックよりは短いスパンで大作戦に参戦してくれる頼れるアニキなのである。

ちなみに彼らが初めて京都大作戦に出たのは2010年なのだが、あの頃からwithの後ろはずっとHOME GROWNである。

一応、両方とも違うアーティスト(バンド)である。

ちなみに、ブルゾンちえみのwith Bの「B」は実は、FIRE BALLの「B」からきている説がほんの少しだけあるとかないとか、そんな感じ。

え?オススメの曲?

レゲエは聴かないので、わかりません!

藍坊主

けっこつな中堅バンド。

このタイミングでまさかの大作戦初参戦。

とりあえず「ハローグッバイ」を抑えておけばいいと思う。

どちらかというとそんなに暴れる感じのバンドではないと思うけど、大作戦ではどんな空気になるのか楽しみである。

東京スカパラダイスオーケストラ

もはやコラボする余地しかなくて、誰とコラボするねん的な観点ばかりが注目されがちだが、彼らの魅力はそこだけではない。

よーく彼らの筋肉を見て欲しい。

すごくムキムキであることがわかる。

実はこの三日間の出演者の中で、最年長はスカパラであり、メンバー全員が50歳前後なのに、この筋肉なのである。

50歳前後おっさんといえば、会社勤めをしていたらそれなりに重要ポストに立つものであり、故に裏では煙たがららる存在になりがちだが、彼らにはそんな要素一切ない。

真夏なのに長袖長パン着て、汗まみれになっている演奏しているその姿が、とてもかっこいいのである。

なぜだかわかるだろうか?

筋肉の仕業である。間違いない。

スカパラのライブは要注意である。

強制的にみんなと肩を組ませたりするなどトラップが満載であり、ぼっち参戦者に苦しみを味あわせることがたまにある。

が、大作戦は不思議と、となりの知らない奴と肩を組むことに対する抵抗感を下げてくれる空気が充満している。

不思議と、心の底から笑顔で肩組みできちゃったりするのである。

予習は何をしたらいいだろうか?

とりあえず、TAKUMAとコラボしたことでも話題の新曲「Samurai Dreamers <サビレルナ和ヨ>」の披露は間違いないだろうし、(その流れで「閃光」も披露するかもしれない)あとは健さんが空気を読まずにステージに茶々を入れるかどうか辺りが見ものという感じだろうか。

Age Factory

奈良が生んだ若手ホープ。

メンバーの平均年齢を四捨五入したらまだ20。

若いロックキッズたちは、奈良県といえば、オーラル県なんて言い方をしがちだし、ジャニオタからすれば、奈良といえばKinKikidsを頭に掠めがちだが、奈良には彼らだっているのである。

ブッチャーズ辺りのロックの系譜を受け継ぐ真性オルタナ感は、その辺のフェス文化に媚び媚びの音楽とは一味違う奥深さがある。

ああ、若手にこんなロックな音を鳴らせるバンドいたんだー、と感動してもらったらいいと思う。

たぶん10-FEETに対抗するために「RIVER」を披露するだろうし(彼らも同名で曲をリリースしているのである)「Yellow」や「ロードショー」あたりも鉄板なので、ぜひこの辺りを予習してもらえたらと思う。

スポンサーリンク

Ken yokoyama

すぐに時間を押す危険人物、それがKen Yokoyamaだ。

しかも大作戦は機嫌が良くなりがちなので、なおのこと押す可能性が多い。

日の丸を掲げたり、もんげーって言ったりすることも多いが、ギターを鳴らせば全てがどうでもなるくらいカッコ良さ。

「I Won’t Turn Off My Radio」「Punk Rock Dream」「Maybe Maybe」「Believer」「Pressure Drop」や、リッキーシリーズ辺りはとりあえず抑えておいてほしいところ。

深く語る必要はないと思うが、とにかくダイバーが多いので、ダイバーを裁くのが嫌だけど前の方に行きたい人は、上手か下手に寄れば比較的落ち着いて観れると思われる。

yonige

メンヘラ系バンドと思われがちだが、どちらかというと感情抑えきれなくて、それが噴出しちゃう系バンドって感じ。

「アボカド」「さよならアイデンティティー」を押さえとけば、まあ間違いない。

湘南乃風

よく大作戦はレゲエ枠が一枠あっていいよね、って感想をみる。

で、そのレゲエ枠って誰のこと言ってるのかなーってみてみたら、大体FIRE BALLのことを言ってたりする。

同じ日に湘南乃風が出ていても、一枠というのだ。不思議な話である。

これはおそらく、湘南乃風は別枠って認識だからだと思う。

つまり、レゲエ界の雄と言ってもいいくらいの貫禄を放っているというわけだ、彼らは。

どうせ「睡蓮歌」歌って、サビでタオル回すだけなんでしょ?と思っている人は彼らのことを舐めすぎている。

彼らのライブは「睡蓮歌」以外でも、大体サビでタオルを回すのである。

タオルは使い捨てじゃない。

マストアイテムなのである。

去年の彼らのツアータイトルだって「俺たちと一緒にタオルまわさねぇか‼︎」である。

いかに己のアイデンティティをタオルに依存させているのかがよくわかる。

というわけで、当日、タオルを忘れてしまったという人は急いで物販でタオルを買った方がいいと思う。

タオルを持たずに湘南乃風のライブをみるのは、一切醤油をかけず刺身を食べるみたいなものであるから。

醤油、とても大切。

Crystal Lake

メタルである。

とりあえず、観客煽る系バンドなので、モッシュピットはカオス化することが予想される。

とかいって、どうせキッズがウェイウェイするレベルなんでしょ?とお思いの方もいるかもしれないが、彼らの普段のライブは(今は知らんが)メタルに被れたゴリゴリの外国人のデブとかも普通に興奮してモッシュピットで暴れたりいたりする。

当たりのレベルが半端ないわけだ。

ハーコーという名の、人体ベーゴマの大量発生も予想される。

会場の左右幅は狭いし、大作戦の客層だからしれているでしょ、とお思いの方もいるかもしれないが、油断するのは危険である。

そういや、JESSEとコラボした「Black And Blue」披露するのだろうか?

コラボするとしたら、JESSEは岡を下らないとならないが、来てくれたら少し嬉しい。

え?オススメの曲?

メタルは聴かないのでわかりません!

RADWIMPS

らららら、ラッドが大作戦〜〜〜〜???と驚いたロックキッズも多いかもしれないが、10-FEETのTAKUMAはカッコいいと思ったバンドはすぐに唾をつけたがる。

思えば、ドロスが出演してもらったのも「あいつら、かっこええから一緒にライブをやりたいなあ」がきっかけだったし、たぶんTAKUMAは若干ホモっ気があるのだと思う。

元々、少しお姉っぽいところもあるし。

ってわけで、RADは純粋にバンドとしてカッコいいと思ったから、声をかけたのだと思うし、
RAD側も京都大作戦のお客さんを自分の歌を聴かせたいと思ったから出演を快諾したのだろう。

ところで、野田洋次郎はモッシュが激しくてそれで誰かが倒れたりしたら、すぐに音を止めて「助けてあげて」と言っちゃう系の男子だけど、己の楽曲でダイバーが大量発生するサマをどんなふうに見届けるのかも見ものである。

意外とダイブを煽るようなMCをするのだろうか。

彼らのオススメの曲なんて恐れ多いので、わざわざここで述べたりはしないけれど、おそらく大作戦にカスタマイズしたようなセトリでくるのではないだろうか。

比較的アップテンポな歌が多めに披露するのではないだろうか、ということだ。

NAMBA69

仮にCrystal LakeでJESSEが出てきたとしたら、おそらく難波さんのステージにも出ることだろう。

彼らにもコラボ曲があるからだ。

仮に、JESSEが三つのステージにハシゴするとしたら、そっちの方が伝説な気もする。

さて、難波さんは健さんよりも色んな意味で露骨なので、仮にどこかのタイミングでサプライズでハイスタで出るのならば、その態度を比較的露骨にステージに観せてしまうような気がする。

ところで、NAMBA69は、元ARTEMAのko-heyがギターとして正式メンバーとして入ってからバンドの音の厚みが変わった。

今までの彼らの楽曲はなんだかんだでダサいなーと思うものも多かったが、今年の新譜はマジでカッコよかった。

難波さんもやればできるやん、と思ったもん(上から目線すぎる)。

何が言いたいのかというと、すごくバンドの状態が良いので、このライブは注目だということ。

AKB48とか欅坂46とか、後ろに数字を擁するアーティストが増えているけど、そのハシリは間違いなくNAMBA69であり、数字を後ろに付けるってのはこういうことなんだよ、というロック魂を見せつけるライブを披露すること間違いない。

ぜひ堪能してほしい。

Dragon Ash

DAほどたくさん楽曲がありながら、フェスではいっつもいっっっっつも同じセトリで、もっとセトリ変えてこいやあ!と思うバンドもいない(ワンマンに行かない僕が悪いのです。すみません)

そんな彼らもニューアルバムをリリースして、その流れを変えた。

はっきりいって、新譜は外れ曲なしで、どれも超カッコ良い。

そのアルバムから3曲ほど披露されるのではないかと思う。(で、あとは10-FEETのカバー1曲、「Fantasista」「百合の咲く場所で」辺りだろうか)

そんな彼らは、第一回の大作戦から出演している皆勤賞バンドの一人だ。

大作戦に初出演してからの10年間に、彼らも色んな変化があった。

もっとも決定的な変化だったのは、ベーシストの馬場さんが亡くなったことだと思う。

2012年の4月の話である。

その年の京都大作戦から、ベースはKenKenが担当している。

思えば、JESSEはKのいなくなったPTPに再び魂を宿すかのようにThe BONEZというバンドを作ったわけだし(元々はソロプロジェクトだったが)、KenkenはこうしてDAの不動のサポートベースとして、彼らを支えている。

RIZEのこの請負の運命感が凄い。

話は逸れたが、その年のKjのMCでは、確かほとんど馬場さんのことには触れていなかった。

「新曲でそんだけ盛り上がれるのはお前らくらいだバカヤロー!」との叫びんだり、「Fantasista」前では「ミクスチャーロックは好きですか?」と叫んだり。

あれ?これって今でも同じじゃないか?だから、DAはもっと違うパターンで見せろとあれほど(以下略)

ちなみにこの年の大作戦で、10-FEETは亡くなったDragon Ashの馬場さんに哀悼を表して、肩に赤と青の喪章を付けてステージに上がった。

NAOKIは馬場さんと同じようにLightsaberを使ってベースを演奏して、Kjにマイクを取らせたうえで「Fantasista」を披露した。

あの頃はあまりMCをしなかったKjも、色んな先輩バンドに影響されて、けっこう長々とMCをするように変わった。

DAにとっても、アニバーサリーイヤーとなる2017年。

果たして、幾度となく立った大作戦のステージで、どんな思いを込めてパフォーマンスを披露するのだろうか。

いつもと同じセトリを、いつもとはまったく違う魂を込めて、披露するのだと思われる。

GOOD4NOTHING

堺が誇るおっさんパンクバンド。

楽しいことは間違いない!

それだけは間違いない!

以上、京都大作戦2日目の各バンドの魅力・オススメについてなのでした。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket