LINEで送る
Pocket

ロッキンジャパンのタイムテーブルを予想していきたいと思う。

スポンサーリンク

まずは2014年のタイムテーブルをみてみよう。

image
image
image
image

さすがはロッキンジャパン。すごいメンバーが並んでいる。他のフェスならでかい所で演奏するアーティストでも、容赦なく小さいステージで演奏しているあたり、層の分厚さを感じる。

ロッキンジャパンはとにかくステージが多いこで、ひとまず一番大きなステージとなるGRASS STAGEの予想から始めていきたいと思う。

ロッキンジャパンは一般的にひとつのステージにつき、7組のアーティストになることが多いので、今回もそれに倣って予想する。

では、1日目から始めてみよう。

まずはGRASS STAGEに選出される7組であるが、[Alexandros]、エレファントカシマシ、ゴールデンボンバー、椎名林檎、the telephones、Perfume、miwaの7組ではないかと予想。

ちなみにこの7組のうちここ5年でGRASSs STAGEに立ったことがないのは椎名林檎とテレフォンズになるが、椎名林檎はそもそもロッキンジャパンに出演するのが初めてである。

ちなみに椎名林檎の大型の夏フェス出演は2008年のライジングサンが最後となっているので、大型夏フェスの出演と考えても、7年ぶりということになる。

意外と思われるのはテレフォンズではないだろうか。

今でこそフェスに引っ張りだこの彼らだが、ロッキンジャパンに出演するのは4年ぶりなのである。

ちなみに2011年のタイムテーブルはこんな感じ。

image1

このときはユニコーンの裏でLAKE STAGEでディスコを叫んでいたわけだ。

大きくなったものである。

さて、今回のロッキンジャパンでトップを任されるのはエレファントカシマシでなかろうか。

miwaという可能性もあるが、彼女は昨年トップだった。2年連続のトップは考えにくいので、エレカシだと考えてみた。

二番手はmiwa。ニューアルバム「ONENESS」を引っさげたツアーの中の彼女。仕上がりは完璧なのである。

三番手はゴールデンボンバーと予想。

彼らも今年はアルバムをリリースしている。そのアルバムと定番曲を合わせたセトリでライブを盛り上げるのではなかろうか。

四番手はPerfume。

他フェスならヘッドライナーを務めてもいいレベルの彼女らだが、残りに控えているアーティストのことを考えると、この位置になるのではないかと予報。

五番手は[Alexandros]。

ビバラロックフェスをはじめ、数々のフェスのヘッドライナーを務める彼らであるが、椎名林檎と今年のテレフォンズだったら、やはりそちらに花を持たせる気がする。

ただし、彼らもニューアルバムを引っさげてなかなか熱いセトリを展開することは間違いない。

六番手はthe telephonesと予想。

スポンサーリンク

初のGRASS STAGEでいきなりこの位置だとしたら凄いが、今の彼らのライブの熱気ならここを任せても問題ないような気がする。

トリかもしれないと思いつつ、初出演の椎名林檎と比べるとネームバリューはやはり林檎嬢かなーという気がしたので、この位置。

あくまで予想だが。

トリは椎名林檎。

今回はこういう予想をしたものの、椎名林檎はフェスでトリを務めたことはない。ライジングサンでも中盤で登場してるし、本人はあんまりトリをやりたいと思っていないのかもしれない。となると、意外と四番手くらいで出てくる可能性とあるが、他のアーティストのネームバリューなど比較して今回はこの位置と予想した。

彼女の場合、バンドセットでもアコースティックセットでもジャズ仕様でも合ってしまうのが凄い。

どういう形態で曲を披露するのかも含めて注目したいところである。

では続いては二日目の予想をしていきたい。

記事はこちらになります。

LINEで送る
Pocket