LINEで送る
Pocket

ラッシュボールのタイムテーブルを予想する記事その2

スポンサーリンク

二日の大きなステージを考えてみたいと思う。

まずは参戦するアーティストを確認しておこう。

ACIDMAN / [Alexandros] / THE BAWDIES / go!go!vanillas / KANA-BOON / THE ORAL CIGARETTES / SHISHAMO / the telephones / WHITE ASH / ストレイテナー / ドラマチックアラスカ(オープニングアクト)。

オープニングのドラマチックアラスカは2年連続2回の出演で、待望の大きなステージのデビューとなる。神戸が誇るギターロックバンドであり、スタンダードながら聴きごたえのあるサウンドをならすバンドとなっている。

今年の3月には無理無理無理というシングルをリリースしているので、ぜひチェックしてほしい。

では順番を予想していこう。

1番手はgo!go!vanillas

2番手はSHISHAMO

3番手はWHITE ASH

4番手はTHE ORAL CIGARETTES

5番手はTHE BAWDIES

6番手はACIDMAN

7番手はKANA-BOON

8番手はストレイテナー

9番手は[Alexandros]

10番手はthe telephones

こんな感じになるのではないかと予想。

おそらく序盤二組はATMC上がりということで、トップを飾ることになるだろう。バニラズに至ってはオープニングアクトをやると勝手に思っていたくらいである。若々しさ全開のステージをみせてほしい。

そして、3番手4番手は新旧で過去にオープニングアクトを務めたことがある組みの出演と予想。まだ大きなステージではオープニングしか務めたことがないので、ついにちゃんとしたカタチでステージに立つというわけである。

そして、ここから歴戦のラシュボ組みが出演するなか、カナブンだけがニューフェイスとしてこの辺の位置で出演するわけである。2年前にはクロージングアクトを務め、サカナクションの裏でライブをするというなかなかに大変なミッションをこなして、ついに大きなステージで帰ってくるわけである。

image

昨年はラッシュボールの前日に同じ場所でワンマンライブをして満員にするなど、もはや俺らひとりでラッシュボールをソールドアウトできるんだぜと言わんばかりのすごわざを披露し、ついに今年ラッシュボールに帰ってきたわけだ。

本来ならもっと後ろでいいかもしれないが、まあ、この辺と予想。

ミスターラッシュボールのテナーは今年は夕暮れのステージで歌うのではないかと予想である。

ドロスは昨年圧巻のラストライブを飾った。

本来であれば、2年連続のトリを務めてもおかしくないところであるが、今年で一度活動休止を表明しているテレフォンズにハナを持たせるべく、今年のトリは電話にお任せをするのではないかとの予想である。

おそらくこれに関しては誰もが納得の人選ではないだろうか。

スポンサーリンク

近年、ラシュボのトリはほとんどがサカナクションが務めてきたが、ここにきて世代交代と言わんばかりに、ドロスや電話が夜のステージが盛り上げるわけである。

LINEで送る
Pocket