LINEで送る
Pocket

レディクレって、どうしてもCDJと比べると運営がちょっとな〜って叩かれがちである。

スポンサーリンク

そのため、糞運営なんて呼ばれることもある。

どうしても何事においても対応が後手後手になってしまっていることは否めず、不満を述べてしまう参加者がそれなりにいるのもまた事実。

アーティストの発表が妙に小出しでうざかったり、料金は少しずつ上がるのになぜかタイムテーブルやステージ数はそのままだし、会場はすぐに規制がかかるし、Zステージの柱は鬱陶しいし、会場は入りにくいし出にくいし、クロークもグッズも会場列も全ての動線がグッチャグッチャだし、公式アカウントはレディクレの情報をほとんど呟かず、関係ないイベントやアーティストのことばかりをリツイートしてウザいこともある。

だけど、だ。

だからっていって、ネット上で糞運営と非難しても何も始まらないし、余計に不愉快な気持ちになるばかりである。

憎しみによって生まれるのは、憎しみしかないわけで。

なにより、大事なのは運営がクソなのかクソじゃないかの論議ではなく、では参加者はどうすればより快適にレディクレを楽しむことができるのか?

その一点に尽きると思うのだ。

確かにこういう所がクソだから改善してほしいと思ったら、逆に改悪しやがったよ。なんだよZステージって??Mステージ戻せよっ!この野郎!ってか、スタッフそこのドア解放するなら最初から解放しとけよ。きちんと指示通り並んでたやつが損する仕組みなんだよ?!あと公式アカウント、イベントとは関係ないしょーもないツイートばかりリツイートしやがってクソがぁぁっ!!と怒りをぶちまけたところで、物事が好転するわけでもないわけで。

そこで、レディクレに対して、どのような傾向と対策を練れば快適に楽しめるのか、改めて考えてみたいのだ。

あなたのレディクレ・ライフが少しでも快適になるように。

さて、仮に初めてレディクレに行くとしたら、何を不安に思うだろうか?

ひとつはアクセス。

ひとつはステージ割。

ひとつはクローク。

ひとつは動線。

ひとつはグッズ。

ひとつはトレイ。

ひとつは服装。

この辺りなのではないかと思う。

そこで、これらについて、ひとつひとつ考えてみたい。

アクセスについて

レディクレの会場はインテックス大阪である。

梅田からだと地下鉄御堂筋線線で本町or弁天町まで行き、そこから地下鉄中央線に乗り換えて「コスモスクエア駅」で下車というのがベタな方法。

コスモスクエア駅から歩いて10分ほどの距離。

道のりは少しややこしいのだが、たぶん警備員もいるし、変な時間に行かない限りは、見るからにディッキなライブキッズが目につくだろうから、彼ら彼女らを道しるべにして歩けば、道に迷うことはないと思う。(この辺りはロクな施設もないので、道に迷うこと自体はないかと思われる)

ちなみにコスモスクエア駅ではなく、他の駅からインテックスに向かうこともできる(距離的にも近かったりするのだが)、ビギナーは推奨されているコスモスクエア駅で降りて、インテックスに向かった方が懸命だと思う。

ちなみに、車でお越しの場合、近隣の有料駐車場を使う必要がある。

停める場所がまったくなくて路頭に迷った、という話はあまり聞いたことがないが、午前中の早い時間に行かなければ、近くて安いパーキングはすぐに埋まってしまう。

クロークについて

今年度はどうなるのか知らないが、例年は途中での引き出しができない500円のクロークと、何回でも出し入れ可能な1000円のクロークが販売されている。

とはいえ、クロークなんて基本混んでるし、会場がわりと狭めで動線も混雑しがちなので、何度も出し入れすることはあまり頭に入れず、自分の荷物とは一期一会な関係でいた方が時間は有意義に使えると思う。

レディクレはただでさえ、動線まわりにおけるスタッフの動きが後手後手で文句をたられがちなので、スタッフマターになりやすいクローク場にはあまり関わらない方が賢明だと思われる。

ちなみに、インテックス大阪にはコインロッカーもあったりするのだが、解放されているか怪しいし、どうせすぐ埋まるので、あまり期待はしない方がいいかと思う。

また、レディクレはクローク場はそれなりにスペースを設けているので、満杯のため販売中止という事態はたぶんないと思う。

けれど、グッズを買ってからクロークに〜っていうノリならば、絶望的なまでに並ばされることだけは覚悟しておいた方がいい。

下手すりゃあ、スタッフの指示通りに並んでたのに、後から来た人の方が早くクロークに荷物預けてるやん、なんじゃこりゃあ、この列なんやったんや!みたいなこともあるので、その辺は気をつけてほしい。

スポンサーリンク

動線について

混みがち。出づらくなりがち。去年も酷かったから今年は改善してくれるだろうと思ってても、いつもその予想の斜め上をいく混み方をさせがち。

どうしてもレディクレって、フェス慣れしていない若い人が多いから、会場内が変な混み方をするし、スタッフも時給1000円くらいで雇われたあんまりよくわかっていない子たちが誘導をしたりするので、切迫した状況が生まれやすい。

ライブが始まっているのに「少しずつ前の方をお詰めくださ〜い」なんて空気の読めない指示が飛び交いがちだったりするし。

もちろん、有能で指示のできるスタッフもいるのだが、レディクレレベルのイベントを回すには厳しい人数しかいなかったりするので、なかなかに難しいところなのである。

グッズについて

並ぶ。ただただ並ぶ。それだけ。

服装について

インテックス大阪って各ライブステージ間を移動するのに、「外」に出る必要があるため、ライブが終わるたびにステージから出ると、うおっ!寒っ!ってなりがちである。

あと、毎年、会場内に幾つもコタツが設置されているが、基本団体で来ているグループが早々とコタツを抑えて陣取ってしまうので、このブログを読んでいるようなぼっち参戦のあなたにはコタツのチャンスが回ってくるのはほぼ絶望的と考えてほしい。

あと、スポンサーを喜ばせるために色々とイベントものを催しがちだけど、この辺りは公式の情報をみてもらったら幸いである。

トイレについて

混むっちゃう混むけど、この辺りは今年はどうなんだろう。

ケースによっては、一旦会場外を出て、別施設のトイレを使った方が手早くお手洗いを済ませた事例が多々ある。

男子トイレと女子トイレじゃ混み方が違うだろうし。

その辺りは状況によって判断してもらえたら幸いであるが、会場を出たところにもトイレはある、というのは覚えておいても損はないかもしれない。

規制について

Zステージは間違いなくずっと規制になる。

もちろん、タイムテーブル次第だけども。

いつタイムテーブル出るの?

知らん。たぶん、3週間くらい前だと思う。

まとめ

こんな感じです。

まあ、ただ何度もいうように一人一人のスタッフはそれなりに一生懸命やっているので、仮にイラっとすることがあっても、どうか穏やかで優しい眼差しでいてもらえたら幸いである。

みんなが優しい気持ちになれば、より良いイベントになることは間違いないので。

以上、レディクレ初心者用のための準備の手引きなのでした。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket