LINEで送る
Pocket

例えば、フェスの感想をみると、こういう意見をみたりする。

スポンサーリンク

「○○のファンはヒールでライブに来ていた」とか「○○のファンは○○バンドから最前で待機している。○○のライブでモッシュピットで潰されたらいいのに」とか「○○のファンが最前にクーラーボックスまで持ってきてる。それはありえんよなー」とか。

フェス慣れしている人からしたら、それはありえない行為であることはわかる。

が、意外と初心者の人って、言わないとそういうことってわからないと思うのだ。

逆に言えば、ルールとして名言されているはずの「モッシュやダイブの横行」なんかを目撃したら、なおのこと、フェスのルールってどうなってるのって感じてしまうし、混乱の只中に陥ると思うのだ。

むしろ、こっちは言われたことを守っている、言われたことを守っていないのはモッシュをしているあなたたちではないのか、と文句のひとつだって言いたくなるかもしれない。

が、フェス慣れしている人は思うことだろう。

ヒールがダメなのも最前待機がダメなのも、ちゃんとした理由があるのだ、と。

要は、その理由が共有できているかどうか、と 話なのではないかと思うわけだ。

だから、その理由を知らない人の首根っこを掴んで、SNSで魔女狩りをするのはちょっとどうなのかなーという気がするわけだ。

例えばの話だが、社会人として何年も社会に身を置く人間からすれば、新卒で入ってくる若い子たちの振る舞いをみると、「こんなことも知らないの?」と思うことがでてきたりする。

けれど、それって、社会と大学の文化やルールに乖離があるというただそれだけのことだと思うし、知らないことをディスっても仕方がない話で、知らないならば教えてあげればいい。

それを教育という。

スポンサーリンク

新卒が採用されてからやたらと研修期間が長いのは、大学と社会人の間ではルールや文化がまったく違うので、この期間に価値観の擦りよせを行う、という狙いがあるわけだ。

要は、社会のルールに少しずつ慣れさせるわけである。

まあ、その社会のルールが本当に正しいのかどうかや、社会のルールにも改革の必要があるのではやいか?と指摘はあるかもしれないが、それの話を一旦置いておこう。

ここで言いたいのは、自分知らない世界に首を突っ込めば、その世界で生きている人からすれば、非常識に見えてしまいがちであり、それはどの世界にいるどんな人でも起こりえるということだ、という話である。

だから、フェス慣れしていない人がフェスにきて、その振る舞いや服装に、フェス慣れしている人が違和感を持つのは仕方ない話だし、だからこそ、単なる勧善懲悪の話して裁くだけに終始してしまうのは、それこそフェスシーン全体を考えても良い方向に発展しないよなーと思うわけだ。

むしろ、自分のルールと違う振る舞いや服装をしている人がそのフェスにいるということは、それだけ色んなタイプの人に(とりあえずは)ロックフェスの情報が届き、参戦するとい
行動に結びつかせたということだ。

本来、それは喜ばしいことなわけだ。

そりゃあ、大作戦とかハジマザのように、出演バンドもお客さんも「身内」で固めた方が楽だし、参加していても楽しいとは思う。

けれど、音楽・文化の交差点として、新たなジャンルの出会いの場としてのシーンを作り上げようとしているようなフェスであれば、自分と違う文化の人間が参戦することは、正解なわけである。

人間として明らかにNGな振る舞いをしている人ならともかく、その文化を「知らないがために」ついつい「違反」を行なっているような人であれば、単にディスる方向に向かうのではなく、なんかもうちょっと上手い方向に事が運べばいいのになーと思うのである。

マナー違反がいたら「それは良くないんですよ(ニッコリ)」なんてコミュニーケーションして、「そうだったんですね!知らなかったです!教えて頂きありがとうございます!」みたいな、対話ができる環境が望ましいのだろうなーと思ったりするわけだ。

なかなかギスギスした世の中では難しいのかもしれないが。

けれど、音楽の現場くらいは、そういうギスギスとは無縁の世界であってほしいなーっとは思うという、そういう話。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket