LINEで送る
Pocket

前置き

スポンサーリンク

皆さんは知ってますか?彼らのこと。

略して、サウシーなんて言われ方をするこのバンド。

かなり2016年、2017年で存在感を示したバンドなので、人によってはもう売れたバンドだよ、と思っているかもしれない。

けれど、こんな人もいることだろう。

名前は知ってるよ。

けど、どんなバンドかはよく知らん。

そんな感じの人もそれなりにいると思うのだ。

で、そんな人がいるとすれば勿体ない!

特にサウシーってスピッツみたいな綺麗なメロディーのバンドが好きな人は絶対にハマると思うのだ。

なのに、サウシーを愛好するスピクラなんてあんまりいないわけでしょ?

いやいやいや、勿体ない勿体ない。

というわけで、この記事では、そんなサウシーの魅力をお伝えしていきたいなーと思う。

メロが良い

きっきからメロが良いメロが良いと事あるごとに仰っているが、それしかないんかと思われそうだし、メロが良いバンドなんてたくさんいるでしょ?と思う方もいるかもしれない。

いや、確かにね。

メロが良いバンドなんてたくさんいるのだ。

むしろ「メロが良い」なんて言葉は、何の褒め言葉にもアピールポイントになっていたいことも多い。

それ、ただの「普通のバンドやん」っみたいな話で。

そういうツッコミもあろうかと思うのだ。

けれど、これだけは言いたい。

サウシーのメロの良さは、他のバンドのそれとは違うのだということを。

多くのメロが良いと言われてるバンドってメロそのものが非常に優れている、というわけではないと思うのだ。

例えば、それら「リズム」とか「テンポ」の上に成り立ったうえでの良さだったりすることが多いのだ。

テンポが良いから聴いていて気持ち良いだけ、みたいな。

けれど、サウシーはそこに左右されない。

リズムやテンポとは関係がなく、素直にメロが良いのだ。

これを聴いてほしい。

「いつかの動画」

サウシーの出世作である「いつか」だ。

この時点でおかしいと思うのだ。

出世作がバラードなんてレアキャラすぎるだろ?という話で。

マジでレミオロメンぶりじゃね?こんなストレートなバラードで大ブレイクするバンドなんて。

近年のバンドはライブが盛り上がってなんぼだし、じゃなければ演奏の巧さやクール性で勝負することが多いこのご時世。

そんな只中において、ここまで真っ直ぐなバラードがバズるのだ。

これだけでも、サウシーは他のバンドとは大きく違うことがよくわかる。

いやほんとね、バラードが出世作のバンドなんてなかなかにいないわけだよ。

アルバムの核になる曲を、バラードにするバンドなんて、なかなかいないわけだよ。

だって、メロも大事だけど、それ以上にリズムやテンポが大事にされがちだから。

メロが良いと言われてるバンドの多くは「単にメロの強さ」だけで勝負しているのではなく、リズムやテンポに影響されているところが大きいから。

でも、サウシーは違う。

マジで、メロで勝負しにきている。

そして、マジでメロが良いから、テンポ無振りのバラードでも、心が捕まえられるわけだ。

まあ、こんな言い方をすると、リズムやテンポに対するセンスがないバンドなのでは?と勘違いされてしまうかもしれないが、それは違う。

サウシーは単純に、土台にある歌を大事にするバンドなのだ。

アレンジの指向性が他のバンドと全然違うわけだ。

トリッキーなリズムキープも、歌詞が聞き取れないレベルのテンポ感も、不必要なのだ。

なぜなら、メロの破壊力が圧倒的だから。

そして、そのメロがより良くになるにはバンドの演奏はどうあるべきか?をすごく考えているわけだ。

だから、すごくメロにグッとくるわけだ。

逆にいないでしょ?こんなバンド。

スポンサーリンク

歌詞が良い

バラードやミディアムなナンバーが多い理由のひとつとして、サウシーは言葉を大事にしている、というあると思うのだ。

で、言葉を大事にしているだけあって、歌詞がすごく良いのだ。

個人的には、この歌がすごく好きだ。

「煙の動画」

元々サウシーは2013年に結成されたバンドだった。

けれど、2年後にギターボーカルである石原以外のメンバーが脱退する。

今の3人が集まって、サウシーが再始動したのは2016年のこと。

で、新たな3人が集まって最初にできたのが、この歌。

最初の歌だけあって、歌詞に気持ちがすごくのっているように感じるのだ。

何より、この言葉とメロを少しでも「伝えよう」と、楽器隊が気合いを入れまくっているように感じるのだ。

そういう熱さがあって、僕はこの歌がすごく好きなのだ。

だから、サビの「走って〜」が本当に走っているような、そんな切迫感が伝わってくるのだ。

言葉をメロにのせただけの歌詞なんじゃない。

メロに載せた言葉を、本気で胸の中に届けようとしていることが伝わってくるのだ。

あと、個人的には2番サビ前のメロ部分で登場する、「うだうだ〜」の部分が、すごく好きだったりする。

ノリとか楽器のカッコよさじゃない。

ど真ん中にある歌とメロの良さを、心の底から感じれるバンド。

それがSaucy Dogであり、そこが最大の魅力なんだと僕は思っている。

まとめ

だから、僕はあえてこの記事のタイトルで、彼らのことをこのネーミングした。

最強良メロ製造機。

サウシーはこれからもきっと素敵な歌を奏でてくれる。

心の底から、そんな信頼を寄せることができるから。

だから、知らなかった人はこのタイミングで聴いてみてほしいなーって。そんなことを思う。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket