LINEで送る
Pocket

11月15日に幕張メッセにてBRAHMAN主催イベント尽未来際〜尽未来祭〜が開催された。

スポンサーリンク

そのセトリをどどん公開。

HEY-SMITH

01.Endless Sorrow
02.Download Me If You Can
03.Living In My Skin
04.Like A Gentleman
05.Jump!!
06.DRUG FREE JAPAN
07.The First Love Song
08.We sing our song
09.True Yourself
10.Goodbye to say hello
11.Come back my dog

SiM

01.KiLLiNG ME
02.CROWS
03.SACCUBUS
04.EXiSTENCE
05.Fallen Idols
06.Same Sky
07.GUNSHOTS
08.Blah Blah Blah
09.f.a.i.t.h

エレファントカシマシ

01.うつらうつら
02.RAINBOW
03.月の夜
04.生命讃歌
05.悲しみの果て
06.ガストロンジャー
07.ファイティングマン
08.俺たちの明日

ACIDMAN

01.stay in my hand
02.FREE STAR
03.リピート
04.ある証明
05.飛光
06.造花が笑う
07.世界が終わる夜

ステレイテナー

リハーサル
ROCKSTEADY

01.From Noon Till Dawn
02.THERE’S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE
03.BERSERKER TUNE
04.DAY TO DAY
05.DISCOGRAPHY
06.NO~命の跡に咲いた花~
07.Melodic Storm

スポンサーリンク

THE BACK HORN

1.声
2.刃
3.悪人
4.美しい名前
5.その先へ
6.コバルトブルー
7.シンフォニア

MAN WITH A MISION

リハーサル
distance

1.Emotions
2.Take What U Want
3.Get Off of My Way
4.Dive
5.Raise your flag
6.Seven Deadly Sins
7.FLY AGAIN

10-FEET

リハ1 shoes
リハ2 Stone Cold Break

01 JUNGLES
02 VIBES BY VIBES
MC TAKUMA客の上に降臨(TOSHI-LOWのマネでMC)
03 RIVER
04 1sec
05 SEE OFF(BRAHMANカバー)
06 その向こうへ
07 goes on

で、10-FEETのMC内容。

「京都大作戦に毎年BRAHMANをオファーしたのに、いつも「あの○○しな祭みたいなサブタイトルやめたら出てやる」って。今日のライブ、尽未来祭。自分がやってんじゃねーかー!
。すぐ出る返事したけど」

とトシローに対する愛のある悪口を言った後、

「相手を心配する気持ちを伝える手段が、どこまでが偽善だとか言葉の意味だとか、分からんでもええ。
相手を助けたいなら、まず言葉にして行動に移すんや。意味なんか後からついてくる。」

そして、最後の締めくくりに

「10-FEET始めます。」

the HIATUS

リハーサル
ベテルギウスの灯

01.The Ivy
02.The Flare
03.Storm Racers
04.Thirst
05.Unhurt
06.Lone Train Running
07.Insomnia
08.紺碧の夜に
09.Silver Birch

20周年祝われるのは
オレたちBRAHMANはじめます!!

BRAHMAN

01. 初期衝動
02. THE ONLY WAY
03. 賽の河原
04. THE VOID
05. 露命
06. EPIGRAM
07. SPECULATION
08. 其限
09. 鼎の問
10. A WHITE DEEP MORNING
11. DOUBLE-BLIND DOCUMENTS
12. CIRCLE BACK
13. (a piece of)BLUE MOON
14. 遠国
15. FAR FROM…
16. CAUSATION
17. LOSE ALL
18. 警醒
19. PLACEBO
20. 霹靂
21. 虚空ヲ掴ム

そして、トシローのMC。

「俺は怖くて20年間、次の言葉が言えなかった。言ってしまったら、次の瞬間に2度と会えなくなってしまって、約束を破ってしまうんじゃないかって思って…。でも今日だけは言わせて下さい。またライブハウスのある街で会いましょう。また明日から21年目の若手、BRAHMAN始めます!」

アンコール
22.TONGFARR

震災後、初のアンコールは1日目の一曲目だったこの歌。

そこで、このツアータイトルの意味をする。

尽未来際。

意味は未来の果てに至るまで。未来永劫(えいごう)。永遠。

そう。BRAHMANはこの二日で尽未来祭を体現してしまうのである。

TAKUMAに軽くディスられたこのツアータイトル。

でも、そこにはこれからのBRAHMANの闘志が秘められていたのだ。

このバンド、まだまだ進化するよ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket