LINEで送る
Pocket

8月12日、13日の2日間にわたり、星野 源の弾き語りライヴ「星野源のひとりエッジ in 武道館」が日本武道館にて行われた。

武道館と言えども、星野源は特別何か着飾るようなことはしない。

スポンサーリンク

それどころか、バンドも引き連れず、アコースティックギター一本、完全弾き語りで全曲お届けしたのである。

武道館という大舞台で、あえて弾き語りスタイルで演奏するなんて並大抵のアーティストではできるものではない。

「今年はいろいろ夏フェスに出ていて、そういうときは1対大勢なんですけど、今日みたいなライブは1対1だと思ってます。フェスでは、違う動きして、とか、自分の踊りを踊って、とか言うんだけど、今日は1対1だから、みんなが同じ動きをすることに意味があるんだと思います。13000人が同じ動きするって、凄いことだと思うんですよ」。

と語る星野源。

今回のライブはそういうことを体現するものとなった。

アリーナの中央、360°を客席が取り囲むステージにアコギを携えた星野 源が立つと、北→東→南→西と4方向に向けてお辞儀。

ライヴではお馴染みのキャラクター=ニセ明に出演をオファーするという映像が流れている間に、ステージは生活感溢れる8畳の部屋を模したセットへと転換される。

眼鏡姿の星野 源は「こんなオシャレな感じじゃなかったけど、前は6畳一間の和室で曲を作ってました」と語って胡座をかき、“ばらばら”や“くせのうた”などを披露する。

スポンサーリンク

そんなとき、突然「源ちゃーん!」と姿を見せる人物が現れる。

よくみると、それはPerfumeのかしゆか。

隣人という設定で遊びに来たらしいのだが、「ちょっとあっち向いてて!」とエロ本を投げ捨てる星野 源がまた冴え渡っている。

手土産のハーブティーを振る舞い、「武道館をこういうふうに使う人、初めてですよね」と語りながらアイスクリームを食べるかしゆかと対面して、“老夫婦”が歌われる。

つくづくすごい武道館公演である。

「かしゆか、逃げてー!」「その男あぶないよ!」というオーディエンスからの声が聴こえてくる。

星野源のライブの良さはオーディエンスとの距離の近さにもある。

特に弾き語り場合はファンとコミュニケーションしたり、質問に答えたりすることもあるのだ。

結局、アンコールの終わりまでかしゆかがステージにいた。

いやらしい目でSUNを歌う星野源はある意味、圧巻であった。

●セットリスト

01. バイト
02. ギャグ
03. 化物
04. ワークソング
05. 地獄でなぜ悪い
06. 透明少女
07. Snow Men
08. フィルム
09. Crazy Crazy
10. ばらばら
11. くせのうた
12. 営業
13. くだらないの中に
14. 老夫婦
15. Night Troop
16. レコードノイズ
17. マッドメン
18. 海を掬う
19. いち に さん
20. 桜の森
21. 夢の外へ

(encore)
22. 君は薔薇より美しい
23. SUN

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket