LINEで送る
Pocket

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは現在、Tour2015「Wonder Future」の真っ只中である。

スポンサーリンク

ライジングサンなんかでも圧巻のステージを披露した彼らだが、やはりメインはワンマンライブなのである。

今回は鎌倉芸術館 大ホール にて行われたライブのセトリを晒そうと思う。

ってか、アジカン、今回のツアーではあんまりMCがなくて、演奏でライブを魅せるっていう気合いが漲っている。

実際、アジカンは00年代にブレイクしたバンドの中でもっとも演奏が上達したバンドなのではないかと思う。

だから、初期の音楽を聴くとその上達っぷりに度肝を抜かれるし、最近の曲は鼻っからアレンジがかっこよくて引き込まれてしまうわけだ、

まあ、そんなわけでセトリをみてみよう。

1 Easter / 復活祭
2 Little Lennon / 小さなレノン
3 Winner and Looser / 勝者と敗者
4 Caterpillar / 芋虫
5 N2
6 センスレス
7 リライト
8 Planet of the Apes / 猿の惑星
9 ナイトダイビング
10 Eternal Sunshine / 永遠の陽光
11 或る街の群青
12 青空と黒い猫
13 Prisoner in a Frame / 額の中の囚人

スポンサーリンク

14 深呼吸
15 今を生きて
16 嘘とワンダーランド
17 シーサイドスリーピング
18 Signal on the Street / 街頭のシグナル
19 新世紀のラブソング
20 ネオテニー
21 トラベログ
22 Standard / スタンダード
23 Wonder Future / ワンダーフューチャー

アンコール
24 江ノ島エスカー
25 君の街まで
26 ループ&ループ
27 海岸通り
28 Opera Glasses/オペラグラス

アルバムツアーなので、最新アルバムからの選曲が多いが、シングル曲も押さえるところは抑えて盛り込んでくるあたり、憎いセトリとなっている。

個人的にはアジカンから離れていた時代もあったのだが、改めて聞き直すとかっこいいのだ。

日本屈指のギターバンド。

今後も目が離せない。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket