LINEで送る
Pocket

スピッツの「夢追い虫」の歌詞について書いていきたい。

スポンサーリンク

ボツになり続けてお蔵入りになり続けたこの楽曲。

ひょんな事からシングル化されるわけで、そんな「夢追い虫」の歌詞を改めて考察してみたい。

作詞:草野正宗
作曲:草野正宗

笑ったり 泣いたり
あたり前の生活を
二人で過ごせば
羽も生える 最高だね!

「羽も生える」とは平たく言えば「幸せだ!」ってことの言い換えだと思われる。

人からみれば当たり前のような生活でも、君といればそれだけで幸せというわけである。

美人じゃない 魔法もない
バカな君が好きさ
途中から 変わっても
すべて許してやろう

「魔法もない」という表現は、君という存在が特別ではないことを示している。

美人じゃないし、頭も良くないし、ましてや魔法なんて普通の君。

秀でて何かがあるわけではないわけじゃないけれど、そんな君が好きだというわけだ。

しかも、たとえ性格が変わったとしても、自分に対する気持ちが変わったとしても、自分は君のことを好きなままでいると宣言する。

要は俺のことを好いてくれてるから、お前のことが好き、みたいな受動的な「好き」ではなく、能動的にお前のことが「好き」なんだみたいな感じだろうか。

とにかく、この主人公が君のことをどれほど好きであるかはよくわかると思う。

ユメで見たあの場所に立つ日まで
僕らは少しずつ進む あくまでも

「夢」という言葉をあえてカタカナ表記しているのがポイントである。

これは夢という言葉を一般的な夢として捉えてほしくないからか、夢という言葉に幾つもの意味を内包させたいからかのどちらかであると思われる。

僕らは進んでいく、というのは二人で人生を歩んでいく、ということだと思われるが、こんなに幸せそうな二人でもユメ見た場所に立てていないというのは驚きだ。

一体どんな場所をユメ見たのだろうか。

スポンサーリンク

歌詞の続きをみてみよう。

吐きそうなくらい 落ちそうなくらい
エロに迷い込んでゆく
おかしな ユメですが
リアルなのだ 本気でしょ?

エロに迷い込んだユメってどんなユメだろうか。

二人で目指すユメって結局のエロなのだろうか。

サビの二人が目指す場所=エロということだろうか?

ただ、ここでふと気になることが出てくる。

さては、この主人公の童貞ではないか、と。

もしかすると、僕と君はそもそも付き合ってなくて、僕が一方的に行為を抱いており、君と付き合いたいなあ、と妄想している男の歌なのではないかという感じるわけだ。

だから、ユメはエロに迷い込んでいくのだ。

ユメで見たあの場所に立つ日まで
僕らは少しずつ進む あくまでも

サビでは「僕ら」という言葉をつかっているから、一人だけの妄想ではないような気もする。

けれど、ポイントは「あくまでも」というフレーズであり、これを別の言葉に置き換えるのは「完全に」とか「中途半端ではなく」とか「徹底的に」というような意味になる。

あくまでも個人的な意見ですが〜というのは、完全に個人的な意見ですが〜と言い換えられるわけだ。

このサビでいうなら、「完全に僕らは少しずつ進む」というニュアンスになる。

なんかしっくりとこない?

では、歌詞の続きをみていこう。

命短き ちっぽけな虫です
うれしくて 悲しくて 君と踊る

ちっぽけな虫とは自分のことだろう。

自分の小ささと弱さを全面に押し出したフレーズとなっている。

嬉しいことも悲しいこともあったりするけど、君との生活は続いていくことをここで表している。

上見るな 下見るな
誰もがそう言うけれど
憧れ 裏切られ 傷つかない方法も
身につけ 乗り越え
どこへ行こうか?

このフレーズでは急に主人公が取り留めなくなっていく。

憧れていた少年時代、裏切られた青年時代、傷つかない方法を身につけて大人になった今、自分は何を目指して人生を生きていくのか、みたいなフレーズ。

上も下も見ずに自分ができることだけしておけと周りから諭されたわけだが、この主人公はここでは結論を出さない。

最後のサビをみてみよう。

ユメで見たあの場所に立つ日まで
僕らは少しずつ進む あくまでも

ユメで見たあの場所に立つ日まで
削れて減りながら進む
あくまでも
あくまでも

以上である。

内容については後ほど追記。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket