LINEで送る
Pocket

LILI LIMITってバンドをご存知だろうか?

スポンサーリンク

2015年くらいから次の邦ロックシーンを牽引するのは彼らだぞと言われ続け、2016年にはアジカンやカナブンが所属するキューンミュージックでメジャーデビューしたバンドである。

2015年には、ギターの土岐がでんぱ組の楽曲提供をしたり、2016年にはまたまたギターの土岐がゆずの楽曲のアレンジを担当したりと、バンド外の活動でも存在感を放つようになる。

2017年には、アジカンのトリビュートアルバムに参加して、自分たちの持ち味を上手く出したうえで、名曲「ブラックアウト」をカバーした。(同トリビュートアルバムならベスト3に入るくらいの素晴らしいカバーだと思う)

こういった活動の数々できっちりと成果を出し、圧倒的な功績を残した。

これにより、より多くのリスナーにLILI LIMITというバンドの存在感を示したはずだった。

が。

いやー売れない。一向に売れる気配がない。もちろん、僕が認識していないだけで、少しずつ売れてはきているのかもしれないが、少なくとも次のロックシーンを牽引していくような勢いはまだ見られない。

まあ、今はロックバンド戦国時代。

悪目立ちでも何でもして、群雄割拠な世界を生き抜いていかなければならないわけで、他でも代わりがきくようなバンドだったら埋もれてしまうのも仕方がないことだよなーとは思う。

けれど。

LILILIMITってあまり替えがきかないバンドというか、唯一無二な音楽をやってる感があるバンドだから、このまま低浮上で終わってしまうのは勿体無いなーって思っていて。

そこで、この記事では、僕なりに思うLILI LIMITというバンドの良さを書いていきたいと思う。

音にこだわってる

LILI LIMITって、ボーカルギターの牧野とギターの土岐の二人がメインで曲を作ってる。

この二人は良い意味でタイプの違う作り手であり、平たく言えば、牧野は感覚的に、土岐は論理的に曲を作るタイプなのである。

この二人がそれぞれのメソッドに応じて良い感じに楽曲を手を加えていくから、他のバンドにはない、絶妙なバランスの曲が出来上がる。

曲によって作り方に違いはあるんだろうけど、大きなパターンとしては、まずは牧野が曲の大元を作り、それを土岐に投げて、土岐がそこに肉付けをしていき、ある程度形になったら、牧野や他のメンバーにそれを投げて、牧野はそこに歌詞をつけて、各パート隊は自分たちのパートを加えていき、楽曲を作っていくことが多い(らしい)。

そういうステップを踏みながら楽曲を作っていくんだけど、彼らの楽曲って、耳を澄ませて聴けばわかるんだけれ、他のバンドとは違う手触りのするサウンドを響かせがちなのである。

簡単に言えば、使う音の種類が特殊で、バンドサウンド以外の音が効果的になっているのである。

人によっては、これをサカナクション的近未来っぽいサウンドと形容したりする。

例えば「A Short Film」。

最初のくだりだけ聴いてもらってもわかると思うけれど、いわゆるギターやベースのようなバンドの音は鳴らされず、なんだかポコポコした音が鳴っていることがわかる。

リズムキープの音もドラムだけじゃなくて、他のバンドの楽曲ではあまりに聴こえないようなタイプの音が鳴らされていることがわかる。

こういう、バンドの音とバンド以外の音のバランスが見事なのである。

また、「A Short Film」と同じアルバムに収録されている「Space L」という楽曲に至っては、わざと音が悪いものを録音したくて、部屋にマイクをたてて音を録音して、サンプラーで音を叩いてぶつ切りにしたり、ビー玉が入っている瓶で音を鳴らして、それを使ったりしている(らしい)。

取り込んだ音をサンプリングして、それでビートを作っていくという発想は、ヒップホップ的であるんだけど、バンドサウンドという土台があるなかで、こういう音の取り込み方をしていくLILI LIMITの発想、単純にエグくないですか?という話で。

ってか、そんなことをしなくても楽曲は成立するはずなのに、わざわざそういうアプローチをして他にはない作品を作っていくLILI LIMIT、単純にエグくないですか?という話で。

このように、ひとつのひとつの楽曲を細かくみていけば、もっと色んな面白い仕掛けを見つけることができるんだけど、それをここに記していたら文字数がすごいことになるので、それは割愛をする。

言いたいことは分かってもらえたと思う。

要は、LILI LIMITというバンドは、並みのバンドにはないような音の拘りを持っているバンドなんだよーという話。

スポンサーリンク

マニアックなのにポップ

先ほどの項目でも少し話したが、LILI LIMITは拘りがすごい。

先ほど「Space L」という楽曲を紹介したが、なぜこの曲がこういうタイトルなのかといえば、同曲が収録されているアルバムの楽曲の頭文字をとれば、別のメッセージが浮かび上がる、という構造をとっているからである。(つまり、この楽曲は単語と単語にあるスペースの歌、という意味合いなのだ)

BUMP CHICKENの「K」という楽曲のタイトルが「K」というアルファベットなのかを知って驚いた人もそれなりにいると思うが、あれ以上にトリッキーな仕掛けが、LILI LIMITの作品には常に仕掛けられているのである。

アルバムという単位で曲を聴くリスナーが減ってきたからこそ、アルバムで表現できることを探り続けるのがLILI LIMITのスタンスなのだ。

映像であれば、アルバムの曲順であれ、拘れる隙があれば、何でも拘ってしまうのがLILI LIMITなのである(そういう意味でもサカナクション的であると言えるのかもしれないが)

ところで、LILI LIMITって音の作りも細かいし、作品の細かいところに色んな仕掛けを施すバンドなので、マニアックで取っ付きにくいのでは?と思う人もいるかもしれないが、そんなことはない。

楽曲の枝葉を見れば、マニアックな部分も多いが、メロディーとかリズムはとてもシンプルなのだ。

というより、楽曲の骨組みの部分では、どんな聴き手にも馴染みのあるものを意図的に使うようにしているため、楽曲単体で聴いた感触は、とてもポップなのである。

この歌は僕がLILI LIMITの中でも特に好きな歌なのだが、メロディーやリズムはすごくポップで聴きやすいことがわかる。

けれど、この歌も楽曲の構成や音の作り方をみたら不思議な作品だったりする。

最初のコーラスからは想像もつかないような爽快なサビへと繋がっていく。たった一曲なのに3曲分くらいのアイデアが詰め込まれているような感じがする。

土台はしっかりとポップな要素を抑えるからこそ、上に乗せていくものはトコトン拘るし、マニアックなアプローチも容赦なく行う。

だからこそ、色んな切り口で楽しめる楽曲を仕上げてくるし、ベタとマニアックなバランスが秀逸だからこそ、LILI LIMITの音楽ってどこまでも唯一無二なのである。

歌詞も秀逸

LILI LIMITってすごく近未来的で広がりのあるサウンドを鳴らすバンドだけど、歌詞はすごく日常的なものが多い。

少なくとも、難解な単語は一切使わない。

小学生でもわかるような言葉だけを使いながら、けれど単調で退屈なメッセージを紡ぐのではなく、幾らでも解釈可能なすごく広がりのある歌詞世界を創り上げる。

つまり、音だけではなく歌詞も味わい深いのがLILI LIMITというバンドなのだ。

アート的でもあり文学的でもあり、でもエンタメ的でもある。

そこがLILI LIMITの凄さなのである。

ほんと、マジでスキがないのだ、LILI LIMITの作品は。

逆に言えば、スキがないからこそ売れないのかもしれない。(ロックバンドって下手な方が客から愛されることも多々あるし)

あと難があるとすれば、ボーカルの声が人を選ぶところだろうか(むしろ、これが最大の理由な気はするけども)

まとめ

聴けば聴くほどわかるけれど、すごく良いんですよ、LILI LIMITって。

少なくとも、他のバンドでは替えの効かない音を鳴らしていることだけは間違いなくて。

人によっては、ボーカルの声が細いサカナクション、なんて烙印を押すかもしれないけれど、鳴っている音の広がりというか、音の空間性というか、音像の広がりみたいなものに関しては、LILI LIMITは圧倒的だと思う。

もしあんまり知らなくて聴いたことがない、という人はこれを機会にぜひ聴いてみてほしい。

本当にすごく良いバンドなので。ぜひぜひ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket