LINEで送る
Pocket

良い歌詞とは一体何だろうか。

スポンサーリンク

もちろん人によって価値観は違うし、数字で評価できるようなものでもないので、こういう歌詞が良いのである、という絶対的な基準はないわけだ。

けれども、自分はこういう歌詞が良い歌詞だと思う基準はあって、どうせならそういう歌詞の歌が多くなれば嬉しいと思う。

というわけで、今回はどういう歌詞が良い歌詞なのか、そして、なぜその歌詞が良いと言えるのかの理由も付けて考えていきたい。

ただし、「良い歌詞」にも種類がある。

歌詞というのはひとつの基準で良さが図れるものではないのだ。

ひとつずつ見ていこう。

①表現方法が優れている

歌は色んなことを題材にして歌うわけだが、ラブソングだったら「僕」が「君」をどれくらい好きなのかということを歌うわけだ。

当然ながら好きという気持ちを伝えたいならば、「大好き」とか「愛してる」とかいう言葉で伝えるのが簡単だ。

そこで、いかに「大好き」であることを「大好き」という言葉を用いずに「大好きであること」を伝えるか。

これが大事なわけだ。

このモノを直接言葉を用いずに表現するのが上手いのはスピッツの草野マサムネであったり、BUMPの藤原基央であったり。

彼らは応援ソングを歌うときだって「頑張れ」なんて野暮な言葉使わない。

下手をすると、前向きな言葉すらほとんど出てこない。

なのに、その歌詞を聴くと勇気が湧いてくるわけだ。

まさしくそれが良い歌詞なのだ。

だって「好き」なことを「好き」っていうだけなら、わざわざ歌詞にする必要なんてないわけである。

おれは「好き」という感情を伝えるためにこんな言い回しができるんだぜ、的なわけである。

ただし、これってどんな単語を使って表現するのかとか、どんな比喩表現をするのか、ということに集約されがちだが、本当に「良い歌詞」というのはそれ以外の要素でも色々と仕掛けを施す。

これに関しては当ブログでも色々と歌詞考察について書いているので、そこを読んで頂ければと思う。

さて、では他のどんな歌詞が良い歌詞と言えるのかを考えてみよう。

スポンサーリンク

②歌詞のメッセージが鋭い

簡単に言えば、メッセージそのものの良さについて、という話である。

日本の歌はあんまり風刺というものはないが、なかなか他の人では歌えないようなタブーを切り込んでいるような歌詞は良いと思うわけだ。

忌野清志郎なんてその最たる例であろう。

また、共感するかはともかくとして、斉藤和義の「ずっと信じてたんだぜ」だって、ひとつの強いメッセージをもった作品だと思うわけだ。

キュウソネコカミの「ファントムバイブレーション」なんてあれほど社会性に富んだ歌詞もないと思うのだ。

どうしても歌詞って表現方法にばかり目を向けて「何を伝えようとしている」を蔑ろにしている節がある。

でも、やっぱり根本はここだの思うのだ。

こんなことを題材にして歌うなんて凄い。

そういう視点で歌詞をみて、そのメッセージが素直に良いと思うならそれは良い歌詞なわけだ。

どんなありきたりな言葉しか使わなかったとしても。

③自分の役割を理解した歌詞

スピッツみたいな難解な歌詞が好きな人は往々にして西野カナみたいな歌詞をバカにする。

会いたくって震えるってバカか、と。

でも、この歌詞はやっぱり西野カナにしか書けないと思うし、西野カナは聴き手からどんな歌詞を書いて欲しいと思われているか、がすごく自覚的だからこそあんな歌詞が書けるわけだ。

トリセツなんて昨年のシングルの中でも5本の指に入るくらい良い歌詞だと思う。

それは表現が上手いからでも、メッセージが素敵がと思っているからでもなく、西野カナが自分の役割に自覚的で、すごく計算して言葉を紡いでいることがよくわかるから、簡単に言えばよく頭を使って歌詞を書いていることがわかるから、この歌詞は「良い」と思うのだ。

その昔、アイドルたちはこぞって自分を歌詞書く風潮があった。

自分で歌詞を書く方がアーティスティックであり、より作品は作品らしさを帯びるから。

そんなノリで作詞を専門家に任せず、自分で書く人間が増えてきたわけだ。

そして、そのほとんどは駄文であった。

それは自分がどういう役割を担ってるのか、聴き手が何を求めているのかもわからず、ありきたりな言葉でありきたりなテーマの歌詞を書いたからである。

ユーミンだったり浜崎あゆみだったりaikoだったり椎名林檎の歌詞をみてほしい。

自分はどんな「キャラ」でどんな言葉を使えば求められてる自分のイメージを保った歌詞を書けるのか、すごく計算していることがよくわかる。

だから、彼女たちの歌詞は「良い」のである。

表現とメッセージ内容にだけスポットを当てがちな歌詞であるが、実は③の内容っていうのが一番大切なのかもしれない。

個性とは勝手にできるものではなく、戦略的になるで育まれるものなのだ。

そういう観点で歌詞をみるのもきっと面白いはすである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket