LINEで送る
Pocket

甲本ヒロトの記事を書いてみようと思う。

スポンサーリンク

ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズという3つのバンドのフロントマンを務め、今なおロックの第一線で活躍している甲本ヒロト。

真島昌利と常にタッグを組み、メンバーを入れ替えるような形でバンドを続けてきた彼ら。

それぞれのバンドごとに解散理由があるのだが、ブルーハーツは宗教的価値観によるもめごとが解散の理由である。

よくバンドが再結成することがある。

ユニコーンやルナシーなど再結成して、再び第一線で活躍しているバンドも多いが、ブルーハーツとハイロウズはもう二度と見ることはないだろう。

甲本は真島とメンバーを入れ替えてバンドを組む際に、毎回バンド名も変えているという感じである。

そのため、ある意味でクロマニヨンズとブルーハーツは地続きなのだ。

ただし、ファンとして少し残念なのはバンド名が変わると過去の曲はやらなくなるところ。

ファンサービスが旺盛なアーティストならあえて、過去のバンドの名曲をセットリストに組み込むこともある。

スポンサーリンク

当然、クロマニヨンズでリンダリンダも日曜日の使者も歌うことはないわけだ。

ただし、イベントなどでソロ出演するときは、ちらっと過去のバンドの歌を歌うこともあるのだが。

だが、甲本ほどソロで活動ができないアーティストも珍しい。

2006年に「真夏のストレート」という楽曲をソロでリリースし、ベースやドラムなどもほぼすべて甲本が演奏しているのだが、以後続けてソロ作品をリリースするには至っていない。

基本的にソロ名義の場合はフィーチャリングで誰かとコラボしているし、よくみると真島の名前がクレジットされていることもよくある。

本人もソロは寂しい、バンドの方が良いと公言しているので、今後もソロで彼を見ることはあまりないかもしれない。

さて、ひとつ気がかりなのが、彼がバンドを解散するのは毎年10年スパンであるということだ。

これはたまたまなのか、意図的なのかはよくわからないが、ブルハーツは1985年に結成し、1995年で解散している。また、ハイロウズは1995年に結成し、2005年で解散をしているのだ。

そして、2006年でほぼ自分ひとりで制作した文字通りのソロ作品である「真夏のストレート」をリリースし、その年の春にはクロマニヨンズを結成しているのである(実際、シングルリリースは7月だったので、バンド結成後のリリースにはなるのだが)。

つまり、クロマニヨンズは今年で9年目になる。

例年通りでいくと、来年クロマイヨンズは解散してしまうのではないか、という話。

まあ、特段10年縛りを設けているわけではないし、真島と音楽をしていくというスタンス自体に変化はないだろうし、メンバー仲が特段悪いというわけでもなさそうなので、おそらく解散することはないだろうけど、ジンクスはジンクス。気にならないといえば、ウソになる。

いずれにせよ、バンドが変わったとしても甲本が偉大なロックスターであることに変わりはないし、この30年間でここまで声質も歌い方も変化してきたアーティストは少ないのではいないだろうか。

いまなお進化しており、まだまだ野心に満ち溢れているからこそ、彼はすごいのである。

*尚、2018年になっても解散はしませんでした

スポンサーリンク

ぜひこの機会にまた曲を聴いて頂ければと思う。

LINEで送る
Pocket