LINEで送る
Pocket

よく最近の若者は、単にやりたいから「ダイブ」をやってるだけで、音楽の衝動として「ダイブ」やってる人がほとんどいない、みたいな文句を言う人がいる。

スポンサーリンク

その人の言葉に耳を傾けると「ダイブ」とは本来音楽によって感情が爆発して衝動が抑えきれなくなったときに「気がついたら」やってしまっているものであり、「やりたいからやる」みたいな、頭で考えたうえでやるものじゃない、というわけだ。

確かにライブという現場をみてみても、ごく稀にだが、感動のあまり涙で顔面グチャグチャにして、笑ってるのか泣いてるのかよくわかんない状態で「うおおおおおお」と叫びながら、動物的衝動でダイブしている人もいたりする。

これこそ「衝動」でダイブを行った人間と言えるのではないだろうか。

けれど、この「衝動」って結局どういうもんやねん?と思う人もいるかもしれないし、あんなの「衝動故のダイブじゃない」と指差されてる人だって「いやいやいやいや、俺のダイブだって本気のダイブだし」と思っている可能性は高い。

つまり「衝動」ってなんやねん?という話。

確かに「衝動」の正体を、きちんと言語化して説明することはあまりないと思う。

そこで、この記事では「衝動」とは何なのかということを掘り下げてみたい。

それを考えるうえで、今回は「田植えフェス」という言葉をキーマンにしていきたい。

田植えフェス?なにそれ?

それってTOKIOがヘッドライナーを務める新手の夏フェスですか?と勘違いしてしまう人もいるかもしれないので、簡単にその言葉について説明したい。

田植えフェスとは、雨が降ることでフェスの会場の地面がぬかるんでしまい、まるで田植え前の田んぼのようにドロドロなぬかるみになってしまうフェスのことである。

ん?よくわからん?という人は「トレジャー2015 田植えフェス」と画像検索して頂けたら、ご理解頂けると思う。

この田植えフェスの「田植え」に対するリアクションは、ダイブの話でよく出てくる「衝動」と密接に繋がっている、と個人的に思うのだ。

どういうことか?

ググって見てもらえればわかるが「田植えフェス」 =地面がドロドロなわけであり、すごく足元が汚れやすいわけだ。

うっかり片足を突っ込むと、面白いくらいに靴がめり込む。

コンバースだろうがバンズだろうがアディダスだろうがニューバランスだろうが、泥が全てを包み込み、その影響力は靴下にまで及ぶ。

靴や靴下が犠牲になるくらいならまだかわいいもので、ロックフェスならば暴れる人も出てくるわけで、泥がカエルのように飛び跳ね、あんなところやこんなところも汚れてしまう。

もちろん、当日が土砂降りの雨なら、会場にいる人全員が汚れることを素直に受け入れるだろう。

けれど、前日が雨だっただけで、今日は晴れているとか、雨は降っているけれど小雨だから気を使えば被害は最小限に抑えられる、みたいな微妙な日だったりすると、「田植え」に対する人間のエゴが生まれる。

スポンサーリンク

一度でも晴れの日に地面がぬかるんでるフェスに参戦したことがある人ならば、よくわかると思う。

往々にして、序盤に出演するバンドは、参加者全員が「えーてぃーふぃーるど」を張ってしまい、何か見えない壁が立ち塞がっているかのように、観客の形がドーナツ化してしまう。

なぜドーナツ化するのかというと、ドロドロの場所をお客さんが避けるからであり、すごくドロドロな場所は大体最前のすぐ後ろのモッシュピットだからである。

たまーに目立ちたがり屋が、空洞になった田植え地帯に現れ、意味不明なダンスをしたり、THEリア充みたいな男女混合の団体が現れて、女子が「あたし、汚れるの嫌だからこの辺でみるわあ」と言ったのに、男子が「とかいうのもフリやろう?わかってんねんで?」みたいなじゃれ合いをしながら、女子を抱き上げて、泥んこにその女子を落としてドロドロにさせて、男子はケラケラと笑い、女子は「ひ〜ど〜!!まじありえん!!」と口調では怒っときながらも、顔からは微笑みが溢れていて、ぐぬぬぬぬぬぬぬ、みたいな奴もいたりするが、まあ例外っちゃ例外ではある。

ただ、どんな田植えフェスでも、最初は開かずの扉のようだった田植えゾーンにもいつしか人が流れ込み、いつの間にか汚れることを躊躇う人が減っていく。

この「汚れるのが嫌だなあ」から「汚れてもいいや」というメンタル的移行をする瞬間こそが「音楽による衝動」の仕業だと思うわけだ。

理性とか損得感情とか、その後のこととかひとまずどうでもよくなって、あれほど汚れることが嫌だったのに「気がついたら」泥の中に足を突っ込んでしまうその瞬間、その行動を起こさせた脳内メカニズムこそが「音楽の衝動」の仕業なわけだ。

ただし、音楽がかかる前から泥に積極的にアプローチしている勢もいるが、そいつらはこの限りではない。

だって、例えば泥の中をヘッドスライディングしてわざとドロドロになって、その姿のままドヤ顔で写真に撮って、それをインスタとかにあげて「いいね」を稼いだりするわけだ。

そんな奴らは「衝動」ではなく「承認」に突き動かされて動いているわけで、記事でいう「衝動」とは真逆であるといえる。

ここの抑え方を間違えると、田植えの地面で暴れてる人=音楽の衝動で行動している人、という誤った認識になる。

それは違う。

音楽があってもなくっても最初から泥んこで暴れているのは、この記事で指摘しているような「音楽の衝動」による行動とはいえない。

音楽の力によって「嫌だなあ」から「まあいいか」に切り替わるわその刹那的な瞬間こそが「音楽の衝動」なわけである。

面白いのは、「汚れたくない」から「汚れていいや」に変わる最初の一歩は音楽の衝動による行動なわけだが、一度汚れてしまったら、そこからは「衝動」による行動ではなく「単に慣れた」だけになってしまう。

確かにあったはずの「衝動」は知らず知らずのうちに形を変えていき、霧散するのである。

おまえのダイブには魂がこもっていないと指差されてる害悪系ライブキッズだって、もしかしたら初めて「飛んだ」ときは音楽の衝動で突き動かされた、すごく純粋なものだったのかもしれない。

しかし、ずっとライブやフェスという現場に通うと、何事にも「慣れてしまい」純粋さや衝動は影を潜めてしまう。

そして、いつしか古参ずらしたり、ファッションダイバーに成り下がったり、サークル仕切りたがり勢とかになってしまったりする。

人ってそういう生き物なのだ。

結論。

人間は忘れやすい生き物だからこそ「汚れたくないなあ」から「汚れてもいいっか」に変わった、音楽の衝動に突き動かされたその瞬間、音楽というもので自分の行動を変えさせて不思議な魔力、そしてその音楽に対する純粋な気持ちは、いつまでも忘れずに大事にしていきたいね、っていうそんな話。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket