LINEで送る
Pocket

観たいうちに観たいバンドのライブに行くべき。バンドは生き物であり、いつそのバンドが動かなくなるかわからないんだから、後悔しないためにも、行きたいライブには、なるべく行くべき。

スポンサーリンク

多くのバンドマンはそう言うし、多くのリスナーもそういう意識を持っている。

そうやって、ひとつのバンドに執着するべきという言葉が踊りつつも、フェスなんかでひとつのバンドにしかお熱じゃない人が目につくと、叩かれがちである。

色んな音楽を聴くことが正しいことであり、偏った音楽しか聴かないことは悪である。

そんな言葉が踊ることもよくある。

これってある種の支離滅裂な思考なのではないか?そんなことを思うわけだ。

あるいは、ひとつのアルバムを末永く聴いてほしくて、ストリーミングとかでさらっとアルバムを聴いている人をディスり、ひとつの作品に対する入れ込みが少ないと嘆く人がいる。

その一方で、特定のバンドだけを追いかけたり、数少ないアルバムを聴き込むタイプの人をみると、もっとディグれよ、とディスる風潮もある。

色んなバンドを聴いた方がいいというわりに、満遍なくアルバムを聴いてたり、ひとつの作品をしっかりと聴かない人に文句を言う。

けれど、特定のバンドにしか入れ込む人には、もっと色んなバンドを聴けと文句を言いがちで。

いや、難しいでしょ?

支離滅裂な発言だよ、こんなの、と思うのだ。

色んなバンドを聴いてほしいけれど、ひとつの作品をしっかり堪能して、どのバンドも死なないように、それぞれのバンドをしっかりと追いかけて、お金も落とせ。

いや、無理無理無理無理、と思うわけだ。

こんなん二律背反でしょ?

仮にそういう状態を作り出すとしたら、バンド音楽を聴く人口を増やすしか方法がないと思うのだ。

バンドの数が多いんだから、バンド音楽を嗜む人を増やさないと。そうじゃないと売れないバンドは増える一方だし、死ぬバンドも増える一方だ。

かといって、闇雲にバンド音楽を楽しむ人を増やそうとしたら、それはそれで文句を言いがちで。

顔ファン成敗マンもそうだし、アンチTik Tok勢もそうだし、自分が理想とする形で音楽を受容しないやつに対して、みんな、基本クレームを言いがちだ。

まあ、違法アプリは少し性質が違うからはこれは例外にするとしても、基本的に音楽好きは、何かしらの形で文句を言っている。

ならば、身内だけで固めたらいいのかなーと思っていたら、自分の好きなバンドの人気がなくなると「なんで、こんなにこのバンド、人気が出ないんだろう…」と嘆きがちになる。

スポンサーリンク

気持ちとしては全部、理解できる。

思うところは、すごくわかる。

けれど、全部を達成するのは無理でしょ?と思うわけだ。

支離滅裂でしょ?こんなの?と思うわけだ。

いや、ほんと思うんですよ。

どんな要素の内容であれ「排斥」に向かう考えは、結果的に音楽そのものを良い方向に導くことはないんだろうなーと。

例えば、米津玄師は変な音楽をリリースしたのに、爆売れしている。

売れることを嘆く人もいるのかもしれないし、今の米津のあり方に思うところがある人もいるかもしれない。

ボカロ時代は文句を言ってた人が今の米津を賞賛して「なんだこのヤローっ!!」って気持ちになったり、絶対普段最新の音楽なんて聴かないおっさんがドヤ顔で米津を聴いていることにイラッとすることもあるかもしれない。

でも、そういうイラっとする先にあるのは、豊かな音楽ライフなんじゃないのかなーと最近よく思うのだ。

だって、このおかげで、ああいう音楽もビジネスなると分かれば、それだけ色んな音楽をすることができる土壌が生まれるわけで。

どんなことだって、良いこともあれば悪いこともあるわけで、それならば、なるべく良い方向にどんどん目を向けようよ。違法アプリみたいに明確な悪がいる話じゃないのなら。

そんなことを思うのだ。

好きなバンドが売れなくて、必要以上に嘆く人にもこの話は通ずる。

もちろん、そのバンドが売れなさすぎて生きていくのが難しくなったり、もっと大きなところでそのバンドを観たいと思っているんなら、そのことに胸を痛めて然るべきだと思うけれど、ファンの数が最適になったバンドのライブって、例外なく多幸感に満ち溢れている。

だって、そのバンドのライブにいるのは本当にそのバンドが好きなファンや、信頼できるリスナーしかいないのだから。

そういう良い側面だってあるわけだ。

どんな要素だって、絶対に良い側面はあるはずなのだ。

要は、どこに目を向けるのか?という話だ。

確かに、バンドを応援するというのは支離滅裂な思考になりやすい。

好きという気持ちって、そういうものだと思うし、それはそれでいいと思う。

けれど、そこに縛られてネガティブになるのは勿体ないよなーと思う。

どうせなら何でも良い方向に捉えたらいいんじゃないかなーと思ったりする。

そんな話。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket