LINEで送る
Pocket

よくMステで好きなバンドが出演すると、顔ファンが増えると嘆くファン、いるじゃないですか?

スポンサーリンク

いやいや、お前何言ってるんだ。冗談はお前の顔面だけにしてほしいと言ってやりたくなってしまう。

だってさ、よく見てみろよ。

お前の推しのバンドは顔面だけで勝負するような見てくれをしていないし、そもそもバンド側は映像きっかけで新しいファンを増やしたいからテレビ出演してるわけで、お前ら古参(笑)が、なんで新しいファンが増加することに胸を痛めてるんだよ?という話で。

ヘドバンして首痛めるならまだしも、なんで胸痛めてるんだよ。せめて、クリープハイプの歌詞になりそうなしょーもない恋愛して胸痛めとけよ。新規ファンの増え方にいちいち胸痛めてるんじゃねえよ。

ってか、そもそもお前らこそが顔ファンじゃねえか。だから、バンドの顔面まわりでグッチャグッチャ言うんだろ?そういうお前らは、やまたくとようぺいんの鎖骨でヨダレを垂らしとけシャラップッッッ!!!と思うわけだ。

まあ、バンドが好きな人って、どうしてもバンドとの距離感を気にしちゃう人が多いし、色んな人にそのバンドの音楽を聞いてほしい気持ちはあるんだけど、自分の望んでいない形で好きなバンドの音楽が消費されていくサマを見つめるのはやっぱり辛い。。。という気持ちは分からなくはない。

けれど、バンドにとっての不愉快なことのひとつって、ファンがファンのことで喧嘩をすることだと思うのだ。

きっかけは何であれ、自分の音楽に興味を持ってくれた人たちが、自分の音楽とは関係ない部分でやたらと悶着を起こしていたら、やはり良い気持ちはしないと思うのだ。

だから、ファンが勝手に選民意識を持ってグダグダ言うのはお門違いだと思うし、顔ファンが〜という発言をしている奴ほど、そのバンドの音楽以外の部分に溺愛しているから余計なクレームを言ってしまうし、そのバンドが「自分のもの」じゃなくなることを恐れてしまうから、余計な選民思想を剥き出しにして、新しいファンを叩いてしまうのだ。

これは、Mステ出演に限らず、色んな場面で適用される話だし、古参新参云々で揉めてしまうほとんどのバンドファンに当てはまることだと思う。

バンドファンであることは良いと思うが、バンドファンであることをアイデンティティにしてしまうのは良くないし、アイデンティティにしてしまうからこそ生まれてしまう選民意識の扱いには、注意をするべきだよなーと思う。

スポンサーリンク

新たな選民思想の発生

そんな中、最近、この選民意識のなかで新たなる潮流が生まれつつある。

Tik Tok民差別意識である。

曰く、好きなバンドの音楽をTik Tokの投稿動画に使われるとムカつくし、許せないし、不愉快だと考える勢力が一定数いるという話。

その感情の根底にはあるのは、自分の大好きなバンド音楽を、そのバンドのことなんて一切知らない人たちが、リア充どもの承認欲求を満たすための動画投稿の道具として使用していることが許せないというもののようだ。

まあ、言いたいことはわかる。

なんだか自分の大好きなバンドが低く見られてしまったような気持ちになってしまう感情も理解はできる。

けれど、苦言を呈したい。

いやいやいやいやいや。お前らの大好きなバンドの音楽は、別にお前らの「所有物」じゃねえからな、と。

確かに自分が購入したCDや、その購入したCDを聴く体験そのものはかけがえのないものだし、その体験は侵されるべきではない大切なものとして、何よりも尊重されるべきだとは思う。

けれど、それを波及させすぎて、その好きなバンドの音楽の消費のされ方にまで口を出し始めたら「いや、お前は何様だ」という話になってしまう。

リリース時のTik Tokは確かに権利関係で怪しいところもあったが、流石に今となっては著作権的な問題はクリアにしているみたいで、ちゃんとJASRACとも提携しているようだから、仕組みとしてはカラオケなんかと同じで、Tik Tokでその楽曲が人気になる=アーティストの収益にすら繋がるわけだ。

そこまでの整備をしていながら、Tik Tokで自分の好きなバンドの音楽が使われるのは不愉快であるという言い方をするのだとしたら、逆にお前らのエゴの程度が酷ずぎるぞ、という話になってしまう。

断言するが、いま、Tik Tokで文句を言ってる奴は、まだこのご時世にカラオケというサービスが生まれたてのものだとしたら、きっとカラオケにも同じような文句を言っていたように思うのだ。

カラオケはもう普遍的なものになったから、カラオケでどれだけ好きなバンドの曲が歌われようが文句を言う人はいないだろうけど。

結局のところ、自分のエゴが大きすぎて、新しい価値・サービスにいちいちクレームをつけているだけなのではないか?そんなことを思ってしまうわけだ。

どんなきっかけであれ、そのバンドの音楽が誰かの生活の一部になることは素敵なことだと思うし、そのバンドのことは知らなくても曲は知っているという状態自体は、別にそこまで不健全とは思わない。

あのスピッツですら、昔はロビンソンとスピッツ、どっちがバンド名なの?と話題にされたりしてたわけで。

怖いのは、そんな選民思想がはびこってしまう現状だと、僕なんかは思ってしまう。

何度も言うけれど、そういう感情を抱く気持ち自体はよくわかる。

僕だって「陰」側の人間だから、Tik Tokのような動画サービスを臆することなく使用するウェイな人たちをみると、「むっ!」という気持ちが起こらないわけではない。

けれど、(一応は)適切な手段でその音楽と触れ合う人たちに対してまで、ある種の選民意識を向けることが健全なことだとは思わないし、多様な形で音楽が消費される方がよっぽど健全なのではないか?と思うわけだ。

こういう音楽の消費が正しくて、こういう消費のされ方は間違いであるなんて、そんな簡単に決めることなんて、できないのだから。

なにより、色んな消費のされ方に対して、優しい気持ちを持って受け入れていくことこそが、この先のもっと遠い未来においても、音楽というものが、人々の生活に素敵な彩りを与えることになるんじゃないかなーって思ったりするのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket