LINEで送る
Pocket

2015年のカミコベが終わったときに思ったこと。

フォーリミのライブはマナーが悪いのだと感じたので、そのときに思ったことを書いてみたいと思う。

スポンサーリンク

カミコベでは色んなバンドが素晴らしいアクトを行っていたし、参加者のほとんどの方は募金もしっかりしてマナーも守っており、とても良いイベントだったと思うので、可能ならば来年以降も続けてほしいと思った。

けれど、気になる所がまったくないかと言えば、そういうわけでもなく、ちょっとだけ思うところがあった。

04 Limited Sazabysのライブだ。

何が起こったというのか。

実はフォーリミがあまりにも人気で、キャパをオーバーした数の人が会場に入ってしまったわけだ。

ただでさえぎゅうぎゅうで危険な状態のなか、フォーリミのライブは開始。

音が鳴った瞬間、暴れたくてうずうずしていたファンの気持ちがピークに達してしまい、無我夢中で前に押し込もうとしてしまい、そこで将棋倒しが発生し、柵ごと崩れてしまったのである。

これにより、ライブは一時中断。

10分ほど押してしまう結果となった。

ライブにトラブルは付きものだが、会場から「このまま暴れてしまったら死亡者が出てしまうかもしれませんので、モッシュ・ダイブなどの危険行為はお止めください」とアナウンスされてしまうほどの騒動になってしまったのは少し考えものである。

危ないから止めろはよくある話だが、死ぬかもしれないとまでアナウンスされるのは、さすがに普通ではないと思うし、そんなアナウンスがあったにも関わらず、何のためらいもなくモッシュ・ダイブをし続けているロックキッズが目立ったことが一番の問題であるように思う。

幸い、大きな事故は起きなかったわけだが、こんな調子が続いていれば、いつか何か大きな問題が起きてしまう可能性は否定できない。

もちろん、来てる人のほとんどはマナーは守っているだろうし、やっている人だって悪気があるわけではないと思う。

しかし、悪気ないからこそ、一度改めて考える必要があることは間違いない。

スポンサーリンク

某ロックフェスで「ごめん」で済まないことが事故が起きてしまい、今ではダイブについて厳重に取り締まっている実態がある。

事故というものは、起こるときには起こってしまうものなのだ。

暴れているキッズは誰かを傷つけてしまい、億単位の賠償を払うハメになってしまったとき、どうするつもりなのか。

泣いて謝れば、許されると思っているのだろうか。

今の若者は先を見通す想像力が欠如しているとよく言われているが、このエピソードもそれを物語っている。

まあ個人的には、若者なんてマナーを少し破って盛り上がってくらいがちょうどいいと思うし、それくらい熱があるからこそ日本のロックシーンというものはホットなものになっているわけだ。

けれど、命が危険ともなると、考えべきことがあるのも確かだ。

ルールを作らないようにするためには、個々人がモラルをもってマナーを守っていくしかないわけで。

そんな流れの中で、2016年の1月、フォーリミのボーカルであるGENはライブ中のMCでこんな公言をした。

「これからおれたちのライブではリフトは禁止」

リフトいうのは簡単に言えば肩車である。

ライブ中に肩車をして、上に乗った人はダイブするタイミングくらいで投げ飛ばされてダイバーになって人の上をクラフドサーフをしてごろごろと転がるというわけだ。

フォーミリの楽曲だと「Buster call」という楽曲で、特にこのリフトが大量発生する。

その発生具合は他のバンドの比ではなく、こんなにみんなが上に乗ってしまったら下を支える人は大変ではないか、と思ってしまうほどである。

今の日本の年金構造を体現したような構図となるわけだ。

ある意味では、フォーリミの名物であったこの現象をボーカル自らが禁止と公言したわけだ。

やはり、バンドマン自身もライブマナーについては思うところがあり、何か行動しなければならないと考えたうえでの発言であったのだろう。

この発言でどれだけライブのマナーが大きく変わるかはわからないが、よりたくさんの人が余計な不愉快を感じずに遊べる空間にライブハウスがなればいいなあと切に思う限りである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket