LINEで送る
Pocket

SiMの「KILLING ME」の歌詞をみていきたい。

「SEEDS OF HOPE」というアルバムに収録されている、彼らのライブでも定番のキラーチューン。

まずは実際の歌詞から。

スポンサーリンク

作詞:MAH
作曲:SIM

(someone) please cut off my wings (trash it) with my pent-up feelings I don’t want to fly in the air with bleeding cuz I’m not the only one

plug me in,I’m tired of dreaming light up“something”, it makes me fine

when I’m down, your kissing makes me feel alive when I’m down, your smell makes me feel alive oh baby,stay with me feel like I’m sinking down into the ground you’re killing me

(someone) calls my name again (don’t push it) you’re just waiting in vain cuz now I’m flying with my girl, just go away

when I’m down, your kissing makes me feel alive when I’m down, your smell makes me feel alive oh baby,stay with me feel like I’m sinking down into the ground you’re killing me

plug me in,I’m tired of dreaming light up“something”, it makes me fine

it’s already 4:19 p.m I’m ready to set fire to you I want to know more about you feeling of smothering makes me feel so alive

when I’m down, your kissing makes me feel alive when I’m down, your smell makes me feel alive oh baby,stay with me feel like I’m sinking down into the ground you’re killing me

以上である。

スポンサーリンク

それでは和訳の方をみてみよう。

誰かこの翼を切り落としてくれないか
このもやもやと共に捨て去ってくれ
血を流してまで空を飛ぼうとは思わない

俺に気合いをいれてくれ
夢は見飽きたんだ
”何”かに火を点してくれ
それで十分だ

最悪な時は君のキスが
最悪な時は君の香りが
生きてる心地にさせてくれる
ずっと一緒に居てくれるかい?
まるで地面に沈んでいくようだ
たまんねぇっ!!

誰かが俺の事を呼んでいる
止めろよ、待ったって無駄だ
俺は今 愛するおまえと空を飛んでいるのさ
放っておいてくれ

最悪な時は君のキスが
最悪な時は君の香りが
生きてる心地にさせてくれる
ずっと一緒に居てくれるかい?
まるで地面に沈んでいくようだ
たまんねぇっ!!

俺に気合いをいれてくれ
夢は見飽きたんだ
”何”かに火を点してくれ
それで十分だ

ほら もう4時19分だ
いつでも君に「火を点す」準備はできている
君の事をもっと知りたいんだ
この息苦しさが生きてる心地にさせてくれる

最悪な時は君のキスが
最悪な時は君の香りが生命を実感させてくれる
ずっと一緒に居てくれるかい?
まるで地面に沈んでいくようだ
たまんねぇっ!!

スポンサーリンク

歌詞をみていくと、ただのラブソングに見えるが、実はこれ、ただのラブソングではないのだ。

ポイントは「君」とは何なのかということ。

実はこの歌には、あるスラングが隠されており、4時19分というのがキーポイントになるのだ。

実はアメリカのスラングでは420は麻薬を意味するのである。

だから君に火を付けようとするのだ。

この歌は麻薬を吸ってトリップして、すっかり中毒になってしまった人間の歌になっているのだ。

だから、キリングミーなのである。

LINEで送る
Pocket