LINEで送る
Pocket

おそ松さんというアニメが大ブレイクしている。

スポンサーリンク

これは赤松不二夫原作のギャグ漫画を30年ぶりにリメイクさせた作品である。

ブレイクの背景には原作ではあんまり顕著でなかった六つ子のキャラをはっきりとかき分けている点にあることは明白である。

それぞれのキャラについてはファンサイトをみてもらったり、アニメそのものをみてもらったらよくわかると思うのだが、このキャラの使い分けは例えばジャニーズの人気グループ嵐と通じるものがあると思うのだ。

おそ松→
カラ松→松潤
ちょろ松→桜井くん
一松→二ノ宮
十四松→相葉くん
トド松→大野くん

という感じではないかと勝手な決めつけ。

ここでポイントなのは本来主人公であるはずのおそ松をほとんどキャラ付けしていない点である。

本来ならばまとめ役ということでツッコマ役を担当しそうなものだが、その役すらもちょろ松に明け渡し、事実上いなくてもいいキャラにさせてしまっているところがポイントなのだ。

実際、ジャニーズをみても戦隊モノをいても5人というのが基本ベースとなっている。

おそ松を空気にすることで実質的な5人モノにさせているわけだ。

また、松野兄弟をSMAPに置き換えるとしたらこんな感じだろうか。

おそ松→
カラ松→キムタク
ちょろ松→中居くん
一松→草なぎくん
十四松→慎吾ちゃん
トド松→稲垣

スポンサーリンク

稲垣はいや、違うだろう的なとこあるけど、これは仕方がないと思うのだ。

何が言いたいのかというと、邦ロックであれアイドルであれアニメであれコンテンツの内容や質よりもキャラクター消費というのが真っ先にくるわけだ。

別の記事で邦ロックのアーティストはもはやアイドル扱いされていると指摘したが、結局のところキャラが入り口になってそのコンテンツに愛着を持ち、結果としてブレイクするという最近の流れを見事に汲み取ったからこそおそ松さんはブレイクしているのだ。

そして、そこで採用したキャラクターは人気アイドルのフォーマットに従って幅広いファン層に耐えうるものとしてできているわけだ。

現代の若者はかなりこの「キャラ」というものに敏感である。

たとえば、Twitterでも複数のアカウントを所持して、そのアカウントを使い分けるなんてザラであるし、コミュニティごとに自分のキャラや立ち位置を変えている人が想像以上に多かったりする。

キャラに敏感だからこそ、キャラについて思うところのある作品はブレイクするのだ。

そのとき、コンテンツの内容は二の次になる。

これは若者、特に女の子がたくさん乱入したジャンル全てで起こっていることなのである。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket